レッツノートR2のSSD化完了。

a0012319_13271111.gif

金曜日の夜。
ふと思い立って、ネットで検索すると、比較的近い場所で、SSDへの換装を行ってくれるお店があったので、早速コンタクト。2通ほどメールをやり取りして、電話して、土曜日の午後に持ち込みすることで予約。
14:30訪問・作業前診断開始→14:40診断終了・作業開始→16:20換装完了連絡→16:30受取りで2時間かからず完成でした。(非常に早い)
費用は、SSD(64G)換装44,000円、1Gメモリ(後日到着)14,700円で58,700円也。
# メモリは在庫切れのため後日届くことに・・。

結果は、

OSの起動がとても速くなった、アプリの起動も快適などなど、まさに蘇ったという言葉がふさわしい結果となりました。
お店の方曰く、今までの4倍ぐらい速くなってるそうです@ディスク読み書き。使用上の注意点はほとんどないらしく、あえて挙げるなら、デフラグしない事。やっても速度改善には繋がらないらしい。
# 書き換え回数に制限があるSSDの場合、デフラグは寿命を縮めるだけ・・。

持ち込み直後の診断で、HDDが変な音を出していたようで、換装にはいいタイミングだったようです。まぁ、7年も使って、持ち運び等で結構乱雑に扱った部分もあったらからな。
# サービスでクリーニングもしてくれたので、タッチホイール周りが綺麗になった。

今回の換装で、7年半前のPCが回転機構ゼロ(ゼロスピンドル)マシン化され、モバイルにふさわしいPCに生まれ変わりました。(HDDなし、光学ドライブなし、FANなし)
ま、6万円も出せば、最近のネットブックは買えるけど、やっぱレッツノートのほうがいいな。
# 古い外観なのに、中身はSSDってのがちょっと面白くもあり・・。


換装のメリットは、速度向上以外にも、静音、駆動部分ゼロ(対障害性の向上)、消費電力低減、低発熱があるかな。
今回の場合は、容量up(32GB->64GB)も。






最後に、ちょっとデバイス的な点も。。
今回換装したSSDは、韓国のHana Micron製の「Forte H2PM064G-00」。価格.comで14,880円の部品。MLCで、2010年初期に登場した製品のようです。
ネットを検索すると、UDMA2問題が内在しているようですが、ちゃんと認識されていました。
(作業時に何かやっているのか、それとも、問題が出なかったのかは不明だけど)
MLCって、アクセス速度が遅いとか、書き換え回数が少ないとか問題があったけど、改善されているんだろうか?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20090420_127747.html
によれば、MLCはもろもろ加味すると2.2年ほどでダメになるとも書かれているとか、メーカーの改善で4~5年になっているともあるけど。。4~5年もすればHDDも相当お疲れになるから、SSDだからダメとかいうのはないのかな。


# そういや、お店の人曰く、Macbook Airはちょっと、、らしい。ハードな使用に耐えないなど。
それに比べ、レッツはよく出来てるって言ってました


換装をお願いしたお店は↓。とても丁寧な対応でした。
◆ミリオンウェーブズ

あの勝間さんも訪問されているようです。
◆ミリオンウェーブズさんを訪問してきました(勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!)
[PR]
by star_no2 | 2011-01-16 13:27 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://star2.exblog.jp/tb/11927700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]