[VAIO]サポートから電話と対応内容

13:00ぐらいにサポートから電話あり。

そこから実施した内容を下記に、記録しておく。、

1.無線LANデバイスの削除
 デバイスマネージャから無線LANデバイスのドライバのバージョンを確認
 16.0.1.1(古い)
 無線LANデバイスを削除
 再起動
 EP~を実行するが、修復とアンインストールしか表示されない
 アンインストールを実行
 再起動
 EP~を実行(インストールの選択ができるようになっている)
 インストールすると、デバイスのバージョンは16.0.5.3になった。

 この時点でデバイスに再接続することで、インターネットは利用できるようになった。
 (通常と異なるのは、IPがDHCPで取得している点)

2.各種設定変更
2-1.ワイヤレスネットワークの設定変更
 コンパネ>ネットワークと共有センタ>アダプタの設定変更
 対象の無線LANデバイスの状態を表示
 ワイヤレスのプロパティをクリック
 *もしくは、スタート>設定>無線ネットワークアイコンをクリック>接続しているSSIDを右クリックし、接続プロパティを表示するを選択、接続タブを選択
 「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」
 にチェックを入れる。
 ※今回の事象とは関係ないと思われるが・・とのこと。
2-2.デバイスの設定変更1
 デバイスマネージャ>ネットワークアダプター>Intel Dual Band Wireless-N 7260
 プロパティの電源管理タブを選択
 電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにするようにする。
 のチェックを外す。

2-3.デバイスの設定変更2
 Intel Dual Band Wireless-N 7260のプロパティの詳細設定タブを選択
 プロパティから「バンド2.4用 802.11n チャネル幅を選択
 値を20MHz →自動 に変更

2-4.電源プランの設定変更
 (変更前は、省電力プランを選択しただけの状態)
 ctrl+Xで電源オプションを選択。
 省電力の右側にあるプラン設定の変更をクリック
 左下の詳細な電源設定の変更をクリック
 ワイヤレスアダプターの設定>省電力モード>省電力(高)を
 最大パフォーマンスに変更。


2-2,4については、省電力回りと絡むのこのままで終わりですはちょっとどうなのと思う設定
(2-1,3については、省電力との関係はよくわからない)

問いただすと、暫定回避策ですとだけで、最終どうなるかは明言なし。(当然か・・・?)

その後、スリープさせて、10分以上経過したが、通信が切れる事象は発生していない。
ドライバの入れ直しの結果か、設定変更の結果かは、現時点では不明。

ただ、ドライバが中途半端な状態になっていたのは、事実ではある。
事象発生時には問題ない状態だったはずだが、もし、その時点からおかしいのだとすれば、
VAIO updateの動きがおかしい可能性がある。
16.0.5.3のupdateはVAIO update経由で行っているのだから。。




というわけで、今後段階的に設定を戻してく。
1.IPアドレスのstaticへの変更
2.2-1の戻し、2-3の戻し、2-2の戻し、2-4の戻しが無難な順番だろうか


17:13 不安定になる事象再発。
状態はこれまでと異なり、完全断ではなく時々断。
機内モードのON/OFFでは、自動再接続しない。
手動で接続すれば、通信は安定する。


何度か再発するが、規則性は不明。
事象発生時にスリープにして、復帰させようとディスプレイを開いても、起動してこないこともある。


22:59-23:46 の47分で事象が発生することを確認(まだ1回なので断定は難しい)
その後は、47分では再発しない模様。
[PR]
by star_no2 | 2013-07-13 19:56 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://star2.exblog.jp/tb/18136250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]