ソフトウェア等のアカウント登録について思う

先日、唐突に「ポイント制実施のお知らせ」と題してメールが送られてきた。
送信元は昔使っていたソフトウェアの会社。
現時点ではサポートを継続しないと使えない(インストールすらできない)製品だとわかったので、使うのをやめ、メール等も送ってこないように依頼していたものだ。

にもかかわらず案内メールが送られてきた。

早速、苦情をあげると、返ってきたメールは、

---
弊社では先のご依頼にもとづいて、○○様へのアップグレードご案内メールの
配信停止手続きをとらせて頂きましたが、今回のようにそれに該当しない内容の
メールについては、引き続き配信を行わせて頂く形となってしまいました。
---

そんなん知らんよ。あんたの会社がどう管理しているかなんて・・・。
(そんな説明なんてなかったしさぁ~)

あんたのところのソフトは使ってないなんだから、その時点で情報は消してしかるべきだと思うのだが、そうではないらしい・・・。

いままでも数多くのソフトウェア等に登録を行っているが、
今使ってないから、顧客情報は流出しないだろうと思ったら大間違い。
過去に一度でも使っていたら、情報が流出する可能性があるだなんて・・。

なんとも・・・。

#今回の製品は某セキュリティソフトの会社です。セキュリティの会社がこんなだなんて・・
 (´ヘ`;)ハァ
[PR]
by star_no2 | 2006-06-25 21:18 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://star2.exblog.jp/tb/3807505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]