デスクトップ機の無線化


昨日テレビをセッティングした結果、デスクトップパソコンの配置が大きく変わり、ルータ/HUBからの距離が長くなってしまった。長いケーブルを這わせるのは面倒なので、ここは無線LANってのも選択肢かと。
幸い、すでに802.11nにしているので、それなりにはスピードも出るので。

早速、無線LAN親機と同じこれがの安いUSB無線LANアダプタ(CG-WLUSBNM)を購入。
(ポイントで払ったので持ち出しはなし)

接続してみると、、、

どうも一定間隔で切れまくる。

アダプタの有効/無効の切り替え、修復、USBポートの変更を試してみたが、すべてダメ。
ネットのQA等にも投稿した結果、ほかのPCではどう?との反応が、、、
いままで問題なく使えていた、PCで試してみたところ、こちらもNG。

これは、親機の問題か、、、

ということで、親機を再起動して、正常になった。
(親機がおかしくなった原因は不明だけど、一度ファームアップしたほうがいいのかも)


その後、pingの応答時間がマイナスになる事象について、ググッた結果、boot.iniを

[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=OptIn

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=OptIn /usepmtimer

のように編集(/usepmtimerを追加)することで、回避できるとの情報が。。。
XenのDomUで使っている場合の対処だったけど、リアルOSで同じでは・・と思い、やってみた。

結果は良好。
いろいろ調べてみると、どうもAMDのプロセッサ特有の事象らしい。


ってことでデスクトップPCの無線LAN化無事終了。有線よりは少し遅いけど。
PCの有線ケーブルはテレビ用に転用。

◆10/19 追記
あとで気がついたんだけど11nには2種類存在していて、最高速度が150Mbpsのものと300Mbpsのものがある。今回購入したのは150Mbpsのものだった。ちょっと事前の確認ミス。あと1,000円上乗せすれば300Mbpsモデルが変えたのに・・・。残念。
[PR]
by star_no2 | 2009-10-18 23:40 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://star2.exblog.jp/tb/9122552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]