カテゴリ:遊( 56 )

函館2日目です。気のせいかもしれませんが、とてもすっきりした目覚めでした。なんか、こう、空気がきれいな感じの・・。

●四季島?からの朝市

・朝起きてテレビをつける。しばらくすると、あの「四季島」が云々。どうも函館駅に入線しているとか・・?!
・鉄ちゃんではないですが、見てみたい気持ちが上がる!
・まずは入場券を買って、四季島鑑賞。運航開始したばかりでとてもきれいは車体ですね。
 外から見る限りの車内も高級感がありますね。
・次いで、朝市で朝食。前日の回転すしのクオリティが高すぎて、インパクトはさほどなかったです。(苦笑
 お店の選択ミスったかもしれません。。いつかリベンジ!

●青函連絡船「摩周丸」

・船好きとしては外せませんね。ってことで乗船。
・歴史とかいろいろじっくり見て回ります。沈没とかの事故もあったんだね・・・と。
・座席に座ると あ~ って感じ。
・できれば列車を格納するエリアも見たかった。

●赤レンガ・八幡坂

・よく見る赤レンガ倉庫群(金森!)。
・中はアクセサリーなどのお店など様々です。一応、観光客志向かな・・・。
・軽く見てから、坂を目指して「八幡坂」へ。すぐそこなんですが、坂を上るのはそれなりに負荷です。(笑
・坂の上からは、「あ~、見たことある~」って風景があります。うんうん。
 それにしても、三脚で交差点のど真ん中に陣取るのはどうかしてるぜっ!
・その後、弥生坂にも行きましたが、坂よりも途中の公園からの風景がよいです。

●ひたすらぷらぷら

・贅沢な時間の使い方で、ぼーっとしたりプラプラしたり、
・1400にはは「こだてビール」で一息。ビールもイカ刺しも美味かった。
・お土産をSNAFFLE'Sで購入し、帰路へ・・
・夕食は、来た時を同じく新函館北斗駅で41°GARDEN+KIOSKでワイン。
・夜の新幹線は景色もないので、寝るだけですね。
・最終の東京行きは、停車駅も多く4時間30分ほどかかります。


これで近場のフル規格新幹線は制覇ですね。遠くだと九州新幹線だけど、だい~~~ぶと遠いわ。



写真はこちらから~
[PR]
昨年のGWは北陸新幹線で金沢だったので、今年のGWは函館に行ってみることに。。。
まあ、思い付きですが・・・5/1-2の1泊2日です。弘前にも行きたかったですが、函館のみに絞りました。ゆっくり楽しむ!

●東京→函館(新幹線)

・隣?の外国の方が、片言で席を交換してほしいような話。特に問題ないので、座席交換。(この後、あんなことになるとは・・)
・上野もスルーは初ですね!
・新青森到着後、席を交換していたことを忘れて、本来の予約の方から「ここ指定席なんですけど」・・・。いい教訓でした。
・青函トンネルに入る時間はアナウンスしてくれます。トンネル通過は25分。
・新函館北斗駅の乗り換えは便利になっていますが、今回は、一度改札を出て41°GARDENで昼食。美味しかったです。

●函館散策(五稜郭、函館山、お寿司)

・函館駅からは市電で五稜郭へ。(パスモが使えます)
・まずは、タワーでしょ!ってことで、行列があろうが並びます。
・定番の角度から写真を撮りつつ、16mmの限界を思い知る。(ここですべてを入れたいなら10mmが必要?)
・タワーを堪能した後は、五稜郭内へ移動して、桜を堪能します。上から見るとそうでもないですが、至近で見る桜は満開でした。
・17時前 ホテルにチェックイン
・函館山への移動手段はどうしたものか。徒歩も考えたが、駅前から山頂までのバスがあると知り、20分ほど待って乗っかる。
 結構積み残しがでてましたが。。1730発→1800には山頂!

・日没は1835予定。日没から30分ぐらいがいい感じのようです。(漆黒ならそれ以降でもOK)
 確かにきれいな夜景です。記憶にしっかり入れ込みましょう。写真はそのあと。

・下りはロープウェイを利用し、徒歩で「まるかつ水産」到着(2010頃)
 そこから1時間の行列待ち。ようやく着座、(2105)
 回転すしですが、すべて個別に注文。どれも美味い!!さすが北海道!!うま~い!!
 おいしい寿司を堪能して、2130には退席。

 ホテルへは徒歩で、1日目終了。



写真はこちら、、、
[PR]
今年も黄金週間がやってきました。
といっても、特に、お目当てがあって、事前に準備・・・ということは(いつも)ないんですが、な~んとなく気持ちが函館・桜に向いたので、

北海道新幹線で函館に行ってみる!
(桜の季節だし、行ったことないし、北海道新幹線乗ってみたいし・・・・)

ってことにしました。真っ先に気になるのが天候です。天候が悪いと個人的には最悪な感じになるので。。。
アプリで調べてみると、4/30がよろしくなくて、5/1は前日を少し引きずっているかも・・・。

う~ん。う~ん。う~ん。う~ん。 直前まで悩みました。

う~ん。悪くはないけど、、どうすっか。。。。悩みつつも、残席とか(ホテルの)残室に後を押されて、4/29の夜にホテル、、4/30の朝に新幹線の指定席確保。
(新幹線、、、結構お高いです。ホテルはビジネスなので安め)

で、プラン。

基本、いつもノープランですが、北海道=魚介類はなんでも美味い!ので、これは必須として、五稜郭行ってみたいかも、函館山の夜景はきれいなんだ・・的な感じで、ネット情報を収集しつつブクマしつつ、計画?という感じの計画を頭の中に・・・・。

~本編は別に立てますね。ここは行くまでの思考のための序章です。(笑)~

[PR]
a0012319_22183286.jpg
江戸川河川敷の河津桜がいい感じだったのでBBQ。

でも、まだ寒かった!
風がなければ耐えられてかもしれないけど、風がきつかった。
野菜のバーニャカウダ、ホンビノス貝の焼き物、はたはたの焼き物を食べても寒さは変わらず。
鳥鍋をするもしょっぱくて・・・。x_x

暖を取るものがなくて、体が芯まで冷え切りました。

この時期のBBQは無理がありますね。。。


BBQ後、芯まで冷え切った体をお風呂で温めるも、なかなか温まらず。
体温を測定すると37.5度まで体温上昇。(ヤバ!)

インフルとかではないので、なんとかしましたが、防寒必須ですね。
それもかなりの・・。


[PR]
a0012319_21061281.jpg
アウトドア用の椅子のヒンジ部分のパーツが破損。
一応、接着剤で補修してるけど、力のかかる部分だから、恐らくまた壊れるだろな、と。

まあ、20年近く前のものなので仕方ないでしょうか。

で、

代わりのイスを探しに近所のスポーツ店などを探したんだけど、時期が時期なので、もうほとんど置いてない。置いてあってもチープなやつ。


仕方なく、コールマンの直営店/アウトレット店へ。


そこで、なんと、定価10,692円(税込)が、5,400円(税込)で売られているではないか!
隣には、当初狙っていたものも、通常店より安く出てる。値引率は低めだけど。

安いのには理由があって、アウトレットだからなんですが、
展示会等の戻りの品物のようで、問題なし。

で、悩んだ末に2脚購入しましたよ。色違いで。
当初狙っていたやつも捨てがたかったんですが
場所を取るので、コンパクトな方にしました。

なかなかいい座り心地ですよ。

ちなみに当初狙っていた別のイスはこれ。5千円(税込)切ってました。(定価は6,804(税込)
やっぱりこれはこれで欲しいな。(笑
a0012319_21061378.jpg

[PR]
もちろん自分の別荘ではありませんよ。
会社の人の別荘にお邪魔しました。他に4人(Mu、Ke、Sa、Ko)で5人で。。。

9/22 朝。雨です。1日雨のBBQになるのだろうか。。

8:54の東海道線に乗るべく、自宅を出発。
 東京駅でほかの2人(Mu、Ke)と合流。(結構直前)

8:54 東京駅から平塚駅へ向けて出発
 途中、品川駅で1人(Sa)追加で4人に。

9:57 平塚駅到着
 車を出してくれるKoさんと合流し、伊豆高原の別荘を目指します。途中、道の駅に寄ったり、買い出しのためにスーパーによりながら、別荘には12時に到着。(予定通りです)

そこからは、BBQの準備です。雨の予報でしたが、一時的に雨がやんでくれて、なんとかBBQできました。サンマも美味しかったです。ただ、時間感覚がなく、いつ頃、どこでなにしていたのやら。。寝る場所もままならず、結局、ソファの椅子で一夜を明かしました。よく風邪引かなかったものです。ただ、無理な体勢だったので寝起きは良くなかったですね。。。(反省)

9/23 朝から、BBQです。
 と言っても、前日の残りを焼きながら軽く朝食。別荘提供の側の奥様にごはん頂きました。干物と白ご飯は美味しいですね。

11:00 別荘を出発
 途中、地元の特産品を売っているところや、干物屋(アウトレット)、道の駅によりながら平塚駅に到着。

14:00 元ラガーマンが経営しているラーメン店へ
 味噌ラーメンを食します。アルコールで疲れた体に染み込みます。ごちそうさまでした。あとは、電車に揺られて帰宅。

初参加でしたが、もう少しゆっくりできると楽しいかもですね。 あとは青い空と海がほしかった。(贅沢か)
[PR]
いよいよ最終日です。花火見物を終え、あとは、観光地巡り、お土産、帰路へ・・・です。

<3日目:8/29>
前日の疲れからか、起きたのは7時でした。またも、おいしいごはんをいただきました。ごはんと梅干で1杯食べられる感じです。

0900_Kさん宅出発
大変お世話になりました。

1010_道の駅「さんない」
いぶりがっこ購入。どうも有名な方の作ったものがあるようで、それを1本購入しました。

1100_秋田ふるさと村
お土産購入。稲庭うどんと日本酒!(東北に来たら日本酒でしょう!ってことで刈穂の限定品を購入)あとは、会社の人へのお土産を買いこんで終了です。

1300_奈曽の滝
行き当たりばったりで見に行くことに。すぐ近くにあるんですが、、、高低差が想定外でした。行きはよいよい帰りは、汗だくになりました。今回の旅で一番疲れたかも!
ただ、滝はきれいでした。マイナスイオンも最高!

1350_鳥海山5合目
日本海を一望できるいいろことですね。時間を作って、登山をしてもいいかもしれないです。それなりに時間がかかるので、前日泊りで入って、早朝から登るといいでしょうか。
1455_道の駅「鳥海ふらっと」
ほぼトイレのみでした。(w

1525_南部家屋敷(酒田店)で昼食
まあ、和風のファミレスですね。天ぷらそばをいただきました。
そこからはSA/PAで休憩を取りつつ、ひたすら走り続ける。

2355_自宅到着
長かったです。でも、花火はこれまで見た中で一番ですかね~。

疲れたので寝ます。

[PR]
<2日目:8/27>
なぜかみなさん6時前に目が覚める。その後、7時ごろからおいしい朝食(ごはん、みそ汁、鮭の塩焼き、オクラのおひたし、すじこ、温泉たまごなど)をいただく。

09:00_Kさん宅出発。

10:00_道の駅「雫石あねっこ」到着
特に何をするわけでもなく、ぼーっと時間を過ごす。小岩井は雨だろうから、今回はパス。行き当たりばったりで角館へ。その途中でババヘラアイスを食べる。ただ、見た目が花のようと言われたのに、その影は1ミリもありませんでした。ふつうのジェラート???

11:50_角館に到着
武家屋敷通り散策。古い屋敷がたくさんあります。無料で入れるところもあれば、有料のところも。。醤油で有名なところがあるようなので、気になったらぜひ。今回自分は買いませんでした。

13:00_抱返り渓谷到着
回顧(みかえり)の滝に向けてひたすら歩く。登りでないのが救い。途中、渓谷の緑色の水面が見えます。大雨のせいで白濁した感じになっていますが、通常はもっと澄んだ緑色なんだそうです。回顧の滝も高さと水量があってよかったですね。デジイチがあれば・・・と思いつつ、今回は雨が降る可能性があったので仕方ない。。

14:15_お食事処ばっきゃで昼食(稲庭うどん)+ゆぽぽで温泉
650円もする温泉なのに、露天がなかったのは残念です。36度の源泉にゆったり浸かっていると芯から温まりましたね。

16:00_Kさん宅に戻る
花火会場移動まで待機です。ビールは飲まないように・・。

17:00_花火会場に向けて移動開始
渋滞を回避してなのか、田んぼの間を疾走していきます。さすが地元民。途中、歩いて向かう人多数。田んぼのあぜ道で車を止めてみている人も。さすがだわ。。会場近くに車を止めて、徒歩で会場へ。とにかくたくさんの人です。

18:00_桟敷席でまったり
花火開始までに、花火弁当を食べつつ、日本酒でまったり。

19:00_花火開始
競技花火なので、1つ1つ規定の花火、自由花火、創作花火という組み合わせで打ち上げられていきます。見せ場は創作花火でしょうね。音楽に合わせて、花火が上がっていきます。今回初めて見たのは、煙?の線を生かしたものや、光が順番に光るものなど◎だけでない動きのあるののがたくさんあったのが一番の驚きですかね。そして、スポンサー提供花火はたくさん揚がるし、大会提供花火は、さすがですね。終盤の華やかさは最高です。

個人的にすごいな~と思ったのは、、準優勝された、大曲花火工業の創作花火。
派手さは全くなくて、、色数も少なく、明るさもない、夜なのに煙を見せる花火。
それが、楽曲とあいまって、いい感じだった。。最後もしだれ柳的なものではなく、煙の先端がきらめいて落ちる。線香花火的な情緒のある花火だった。

21:30_花火終了
退出までは交通整理がされている中、土手を超えていきます。これが一番時間がかかるようです。それでも、22時過ぎには土手を超え、23時にはKさん宅に帰還できました。その後は、アルコールを取りながら、日が変わってから就寝しました。Kさん疲れ始めてましたね。

~3日目(帰路)に続く~

[PR]
ひょんなこと(立ち飲み屋で飲んでいた流れ)から、秋田・大曲の花火を見る旅に参加することになりました。金曜日に東京を出発し、二泊三日の旅です。どんなだったか自身のびぼうをかねてまとめておきます。次回の参考のために。(参考になるのは花火の内容だけ?www)

長文になるかどうか、わからないので、とりあえず3日間3部構成で記録を残しておこうと思います。
8/26~28の3日間の旅です。

<1日目:8/26>
9:00_東京駅丸の内北口付近の「なか卯」に集合。
すでに出来上がっている人が2名ほどいます。今回は、地元が秋田のKさん、一番年配のMさん、車出して運転までしてくれるKoさん、一番若手のTさんと私の5名での旅です。年齢はM>K>Ko>自分>Tの順番ですかね。

9:00_少し過ぎとりあえずイオン浦和美園店での買い出しに向けて出発
一般道をひた走ります。イオン到着までの間、運転手以外は発泡酒を流し込み始めます。

10:40_イオン到着
ワインと発泡酒を仕入れて、いよいよ高速走行です。途中トイレ休憩を挟みながら走ります。

13:00_那須高原SA到着
ここで昼食。ざるそばor白河ラーメンでおなかを満たしたのち、またまた高速走行です。途中2,3回ほど土砂降りに遭遇しました。当日はちょうど前線が東北を西から東に抜けている最中だったので、仕方ないのですが・・。

18:15_六郷ドライブインで夕食
秋田名物だという「たぬ中(たぬき中華)」をみんなで食べます。これは!!!姫路で言うところの「えきそば」。和風出汁の中に中華麺が入り、ゆで卵、ナルト、ほうれん草、そして、揚げ玉が載っています。優しい味で、食べ飽きないです。その後は、時間を忘れましたが、美郷町温泉「サン・アール」で30分ほど入浴(26(風呂の)日で半額)

19:00_Kさん宅到着(宿泊させていただく場所です)
噂に聞いていた通り、学校のような風貌です。玄関を入ると、土間があります。その昔、両親の実家も土間だったことを思い出したりして。玄関の上がり框が高いのも田舎の感じですね。部屋に入ると、敷居の段差も高いですね。昔ながらの作りです。ちょっとほっとする感じでしょうか。

20:00_マジシャンの家へ
小休憩ののち、有名なマジシャン中谷(ナカヤ)さんが経営する居酒屋へ。(店名忘れました)田舎の中にひっそりとたたずむ感じです。おそらく近所の集会場的な使われ方が大半でしょう。ほかにはお店はありませでしたから。用意していただいた多くの料理をつまみながら、しばし歓談です。枝豆の香りがいいですね。食い物は田舎に勝てない。1時間ほど経過したころ、いよいよマジック開始です。緩いものから本格的なものまで、いろいろ見せてもらいました。話術もいいですね。基本となるテクニックもいくつか教えてもらいましたが、違和感なくできるよになるのはかなり大変そうです。あと、キャンピングカー持たれてて、出張講演の時に使っているそうです。小規模であれば、車の中に招待して、おもてなしとなるようです。

22:00_Kさん宅帰還
楽しい時間はあっという間で、2時間ほど楽しんで、帰還しました。
軽く飲んだ後、日が変わる前には就寝。エアコンなんていりません。ぐっすり眠れそうです。

~2日目(いよいよ花火本番)に続く~

[PR]
投稿日と事実が前後するが、6/12に三島スカイウォークに行ってみた。

もちろんそれだけが目的ではなく、沼津港でお寿司を食べて、深海魚水族館に行った後である。

沼津から箱根の温泉に向かう途中に、三島スカイウォークはある。

テレビでやっていたのを見たので、ちょっと行ってみたくてこのルートを設定したのだ。
沼津から車を走らせること1時間ほどか?山間に突然巨大な塔(橋)が見えてくる。

これか〜。山間部に巨大な塔が見えてくる。

それにしてもなんでこんなところにという言葉がピッタリなぐらい何もない山間部。
確かに、富士山は見えるけど、橋はなくても展望台でもいいんじゃないかと。。

まあ、とりあえず渡ってみよう。
渡るのは有料で、なんと1000円(もする)。(高!)

400メートルの橋を渡るだけで1000円。。。

渡り始めると、揺れは少ない。と思ったら、観光客が大勢渡るとそれなりに揺れる。
ちょっと気持ち悪い。。。(汗
まあ、それでも、しっかりした作りなので、グラグラ揺れるわけではないけどね。

渡った先には、何もない。
軽トラの店舗はあるけど、それだけ。。。

高台に行って、景色見て、再び橋を渡って、終了。

富士山も雲で隠れて残念な感じだったので、残念感がさらに大きかったかな。

ま、次はないでしょうね。

[PR]