カテゴリ:映画( 49 )

公開から1ヶ月ほど経過して、上映リストから外されそうなので、覧てきました。

個人的には好きな部類ですね。

未来な感じと、メカな感じが、特に。

何度もループして、未来を知った上で、少しづつ先に進んで、最後は、気合!
難関ゲームのラスボスクリアまでの道のりに似てる。

そうか、ゲーム好きだから面白かったのかも。(^_^)
[PR]
久しぶりの映画は洋画。デジタルな内容がマトリクスを思い起こさせる。

未来はこんな世界が来たりするんですかねー。
その前に、インターネットの崩壊?!

面白かったけど、最後は微妙に切ないね。
[PR]

宇宙を漂う描写がすごい!との情報を得て観てきました。
2014年最初の映画。

事前の情報通り、ほんとにメインの登場人物は二人だけ。
ストーリーも非常にシンプル。

けど、登場するシャトルとか、ISSとか、って本当にあんな感じな構造で、できるてるんかね。
行ってしまえば、古い船の船内のような。。。

その辺のリアリティが追究された映画なんだろうな~。



シンプルなだけに、吹き替えで見たのは入り込めてよかったかな。

# イオンカードで300円引きになるはずなのに、引いてもらえなかった。orz
 サービスが終了したのかな?と思って確認できなかったんだがけど、確認だけなら聞くべきだったな。
[PR]
2013年一発目。

なんとも複雑な映画・・これが第一の感想だろうな。

おそらくは、いくつかの時代の話を並行して流しつつ、
時代は違えど、その中は何かしらつながっているという・・。

それにしても、複雑な映像展開。


最後は・・・そんな話があったとさでしめてるんだけど、
一人複数役で頭が混乱するような感じにするのが狙いなんだろうか。

ウォシャウスキー兄弟の映画。マトリックスほどシンプルではない。


今回、はじめてイクスピアリで観賞してみた。
席がゆったりしてていいね!
次もここにしようかな。
[PR]

マンガ(雑誌)は読んでないんだけど、日曜日朝7時のテレビは見てる。
結構好きな系。。

で、映画も観た!

いいね!こういう感じの。


宇宙とか、兄弟とか、笑い、感動、、、、

2時超える映画なんだけど、まったく感じなく楽しめた。
できれば、途中をもう少し盛っても・・ぐらいに。
[PR]

このシリーズを劇場で見るのは初かも・・。
一応、前2作もテレビでは見た・・はず。

昭和33年代~の情景が懐かしく映る。

今回は1964年(昭和39年)で、東京オリンピックの年が舞台。
生まれた年の少し前なので、雰囲気が懐かしくもある。
(映画の舞台は東京なので、自分の生まれた場所は全く違うけど・・)

ゴム動力飛行機とか、家具調のテレビとかラジオとか、懐かしい。

高度経済成長まっただ中で、みんなが上を向いている感じがするね。
0系新幹線もそれを映し出しているか・・。

携帯電話やパソコンなんかない時代だけど、お隣さんとテレビ見て歓声をあげたり、ほのぼのとした時代を思わせる感じ。

現代は進んで、とっても便利になったけど、1つ1つの喜びって薄くなってたりするだろうか。



今回、3D版を観たんだけど、3D感がほどほどで、内容に入り込めてよかった。
それでも、要所要所に軽い奥行きがあるのは、見ていてよかった。


それにしても、堀北真希はかわいいな。(www
[PR]

2012年最初の映画は「Mission Impossible - Ghost Protocol -」

同シリーズの第4弾です。
秘密兵器が楽しみなシリーズですが、今回は少なめだったような。

オリジナルなものよりも、iPhoneやiPadが使われているあたりは時代ですな。
BMWのコンセプトカーが走ってるのはカッコよかった!!

あと、ブルジュ・ハリファでのシーンはドキドキだねー。

個人的にはストール展開が途中からわからなくなってしまった。(w

# 平日のレイトショウで1200円也。
[PR]

a0012319_22452180.jpg

雨の休日もあってか、いつもより多くの人がいた感じがした。

2008年のザ・マジック・アワー以来の三谷映画。
なにげに監督作品は二作目以降すべて見ていることに気がついた。

いつものことながらいい配役だわ。
内容もオモシロい。
幽霊との掛け合い・・・。幽霊が西田敏行ってのが更にハマる。
ポツポツと出てくる有名俳優のセリフもおもしろい。

館内にあれだけ笑い声が出る映画も久しぶりな感じ。

それでいて、ぐっとくる部分もあったりして、さすがな作りだな~と。
[PR]

久々の映画。この夏の話題作を封切りと同時に鑑賞。

今回は吹替版で鑑賞してみたけど、字幕を負わない分、内容に集中できていいね。

内容は、少年・少女たちの成長って感じだろうか。
E.T.観たことないけど、地球外生命体が絡んで、少年少女が成長していくところは、重なるところがあるんだろうね。(思いやりとか、勇気とか、信念とか・・・)

個人的には、あの地球外生命体はいったい・・・ってのが、E.T.と同じうく気になるわけだけど。。(w
底に至るまでの経緯とかがかな~り省略かつ無理があったりするんだけど。(w

恐らく、(地球外生命体は)言いたいことの中心ではなくて、言いたいことを云うためのネタに過ぎないんだろうな。
地球外生命体モノ映画のほとんどは・・・。


#映画館はこの夏も冷えてました。平日なので、10人程度しかいなかった。
[PR]
あのfacebookが生まれるきっかけになった出来事・・・などの映画。

なかなか、スピーディーな映画だった。
IT系なので趣味が分かれそうだけど、個人的には面白かった。

コンシューマをターゲットにしたサービスの勢いを感じる流れだったけど、

個人的に、SNSがどうしてここまで支持されているのか、実はよく理解出来ていなかったりする。

一応、日本でメジャーなmixiにもアカウントは作ったけど、マイミクはゼロにしてる。

facebookにも登録してるけど、独特の機能がまだ理解できないでいたり。

それに比べると、twitterは敷居が低い。


それにしても、この映画では100万人までのストーリーだったけど、今や5億人ってのはすごいな。

個人が集結・つながることの力を感じる。

ただ、この世界にまったく属さない人もいるわけで、、、どちらがいいのかは・・・わからないな。
[PR]