カテゴリ:パソコン( 196 )

2015/7にリリースされたWindows10。
これまで、仮想環境やVAIOでは利用してきたが、自作デスクトップPCには入れてこなかった。

理由としては、金融機関での振り込みなども行う必要があったり、各種ソフトウェアの動作影響有無が判断できなかったから。。。

その後、Windows10化したvaioを使いながら、アプリケーションの動作可否を確認しつつつ、サービスのWindows10対応を待っていた。リリースから1年まで4か月ほどとなり、周辺が騒がしくなている昨今、一度はアップグレードを実行して、その状況は把握しておきたいと思い、支払い等の発生しない、年度当初にWindows7からWindows10へのアップグレードを行ってみた。
(古い資産は残したくないので、クリーンインストールで臨んだ)

2016/4/2
いよいよアップグレードを開始。
前日の夜に、ダウンロードツールを利用して再度isoファイルをダウンロードし、DVDメディアにや焼きこんだものを使う。OSエリアにある各種ファイルは外付けHDDにバックアップを実施して、挑む。。。

DVDメディアを入れた状態で、PCを起動し、DVDメディアから起動する。。

言語、キーボード、などを問われながら、インストールを進める。
インストールはアップグレードではなく、カスタムで新規インストールを選択した。
(古いファイルなどになやまされたくないので・・)

プロダクトキーの入力画面で、Windows7のキーを入力します。

が、、、、

キーが受け付けてもらえません。。

もしかして、dsp版はダメとあるのか、、、ネットでの調査を並行しつつ、キーを省略してインストールを進めます。
インストールが終わった後、ライセンス認証をしてみますがやっぱりダメでした。windows Updateを適用した後でもダメでした。

ネットの情報を見ると、新しいビルドを出した時、ダウンロードするツールもバージョンが更新されていたようです。
もしかして、古いツールだと古いビルドしかダウンロードできないとかあるのか、、、、。DVD内のsetup.exeのプロパティを確認すると、古いビルド(10240)であることが確認できました。(直前にツールでダウンロードしているので、ツールも最新化しないといけなかったようだ・・)

あー、やっちまった。

ツールを更新しないといけないとは、気がつかなかったが、せめてsetup.exeのビルドは確認すべきだった。。。

仕方なく、windows10で再度Windows10のisoファイルをダウンロードします。(何やってんだか・・)

といっても、WIFIが繋がらない。。

アダプタは認識されているようだが、SSIDの一覧が表示されない。
ドライバがおかしいのか??

しかたなく、USBに入れておいたドライバをインストールしてみると正常に動作して、ネットにも繋がるようになった。(周辺機器のドライバって大事)

で、isoをダウンロードして、ビルド10586を焼きこんだDVDで、再度、クリーンインストールを試みた結果、、、、

Windows7のプロダクトキーを受け付けてくれました!!!

インストールを終え、Office、Chromeまではインストールを終えました。
使ってみた限り、7よりも快適な気がします。
起動も速いし、USBを接続したときの認識も早い。
これから様々なアプリをインストールしたとき、どうなるのかはこれからですが、ほぼOSのみの状態で、10年前のハードウェアを考えると、かなり使える状況かな・・と思います。



More
[PR]
a0012319_00002856.jpg

(↑項目が減ったしまったVAIOの設定。どうもWindows10に対応させるとこうなるようだ)

VAIOのUPDATEが来たので、何気なくUPDATEしたら、「VAIOの設定」のタッチパッドの設定項目が減ってしまった。
(幸い、3本指スワイプの設定をした後だったので、3本指スワイプは使える)

ただ、設定が戻せない等、ちょっと気になるので、UPDATE前に戻すべく、アンインストールと1つ前の8.1用を入れてみるよ…と。


現状入っているのは 6.2.12.13060

コンパネ>プログラムと機能 から「VAIOの設定」を右クリックしてアンインストール。

そして、SONYのVAIOのサポートページからダウンロードした1つ前のアップデート用プログラムを実行。

と、

「旧バージョンが見つかりません」


でインストールできない!!!orz

アップデート用ではなくオリジナルがないか探すも、見つからない。。。

しかたなく、OSの機能で10/30時点まで復元。

タッチパッドの設定画面は戻ったんだけど、VAIOの設定の本体が起動しない状況に。。。
(まあ、仕方ないか)

さらに、なぜか、Chromeが起動しなくなった。(Chromeのアプリランチャーも起動しない)

こちらは、再インストールで回復できた。(ほっ)

a0012319_00002890.jpg
(↑Windows8.1用のVAIOの設定)

3本指のスワイプの設定ができるようになっている。

Windows10では、3本指の左右のスワイプは、アプリの切り替えに割り当てられているようだが、vaio pro 11では、ジェスチャー機能が使えないという公式情報が出されていた。。

これは搭載しているタッチパッドが「高精度タッチパッド」を搭載していないからかもしれない。だとすれば、ハードウェアレベルのことなので、今後使えるようにはならないのだろうな~。。(だとしたら、独自の機能を割り当てればいいのに)

Windows10のジェスチャー機能、便利だという声もあるようだけど、アプリの切り替えはこれまでalt+tabでやってきたので、タッチパッドでできてもあまり使わないかもね。個人的には。。。

タッチパッドはノートPCにしかついていないのだから。。。
デスクトップPCとノートPCで操作を変えるのはちょっと面倒でしょう。

[PR]
Windows 10 メジャーアップデートがリリースされたようですね。

我が家のWindows 10 Proは適用を延期する設定にしているので、まだ入れていません。

世の中情報を見ると、
・cortanaの日本語対応
がありますね。

ちょっと気になりますが、しばらく様子見します。

ここ最近のMSのupdateはよくトラブルので、様子見必須な気がしています。

ま、これまでトラぶったことはないですが・・。(w






More
[PR]
a0012319_22491310.png


ソニーからは正式な動作確認が取れるまで、バージョンアップしないことがおすすめされているが、
訳あって、バージョンアップしちゃいました。

対象機種は、「SVP1121A1J」
ソニーで売られていたvaio pro 11で、OSは購入時は8(無印)で、その後8.1(無印)で使っていたもの。

訳とは、、

今回せっかくならWidnows 10 Proにしたいな~と思っていたので、ソニーのサポートに8 Proでの動作について確認したところ、工場出荷時に搭載したOS以外はサポートできないとの回答が・・・。
(8.1(無印)は10 Home、8.1 Proは10 Proにできるので)
工場出荷では8でも、ソニーとしてvaio pro 11のWindows 8 Proモデルも出しているんだから、何かしら情報があるかと思いきや、ずいぶんとそっけない対応でした。


というわけで、

10にする以前に8 Proにする時点でサポートがなくなるとわかり、自己責任で8 Proにすることにしました。で、どうせなら、10 Proにもしてしまえ!ってことで、10 Proにしました。

8 Proのライセンスは、デスクトップを8 Proにするために購入(キャンペーンで3,300円のやつ)したけど、使っていないものがあるので、それを利用。

ここからは軽い手順を・・・。

■Windows 8.1(無印)から8.1 Proにバージョンアップ

・コンピューターのプロパティを表示させる。
・Windowsのエディションのところに「Windowsの新しいエディションで機能を増やす」というのがあるでクリック
・プロダクトキーの入力を求められるので、購入しておいたライセンスキーを入力
・キーが検証され、次へボタンをクリック
・ダウンロード等が開始され、8.1 Proになりました。

非常に簡単で、ダウンロードの時間も短いです。


■Windows 8.1 Proから10 Proにバージョンアップ

予約ではいつになるかわからないので、
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
からダウンロードして実行します。

ダウンロードが終わったら、このPCをアップグレード」を実行します。
(Proを選択するような画面がないのがちょっと不安ですが、8.1 Proからだから10 Proになるでしょう)

1時間半ほど(ダウンロード時間含まず)で、無事 10 Proになりました。

デバイスに不明なものはありませんでした。

タッチパッドでのジェスチャーが当初動いていたのに、そのあとのセットアップのやり直しで動かなくなってしまった。。
(ここはソニーのサポート情報を参考にしてみるかな・・いつ出るかわからないけど)


■動作確認
・電源Off状態から、電源On~ログイン画面まで7秒ぐらいですね。(非常に速いです)
・タッチパネルも問題なく使えます。(8/8.1であった、画面上下からのスワイプがなくなってるけど、これは仕様?)
・cmdでのverは「10.0.10240」でした。(6.xから卒業!)
・8.1で導入されたctrl+x機能はまだ有効でした。
・cortanaはまだ使えません。
・AVG2015(アンチウイルスソフト)は動きました。(そのほかインストールしているフリー/シェアウェアも動作しました)
・edgeでの金融機関オンラインバンキングへのログイン・残高照会を確認しました。
 (みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、新生、しずぎんインターネット支店、CITIは大丈夫でした)
・edgeで証券のオンラインサイトへのログイン・照会を確認しました。
 (マネックス証券は大丈夫でした)

取引までできるかは確認できていませんので、取引に必須の場合は、金融機関からの正式情報が出てからにしましょう。
(自分はWindows 7端末があるので、それでやりますよ)


■所感
・スタートメニューに慣れないですね。
・タブレットモードと通常モードで切り替えられるのはいいかも。
・画面右からのスワイプでスターメニューが出なくなった。(これはなくなったのかな?)
・タイルの配置が柔軟になってる。
・よく使うアプリをタイルにピン止めするって感じなのかな。(タスクバーにもピン止めできます)
・タスクバーのWindowsボタンの右側ある「WebとWindowsを検索」がでかい。(使うときに広がればよくない?)
・Edgeだけかと思ったら、IE11もあった。


まだ使い込んでいるわけではないですが、現時点では大きな不具合もなく、レスポンス低下もなく、使えています。

[PR]
7/29(日本時間だと7/30)になると、自動的にWindows10にされてしまうらしい。
最終的には10にするんだろうけど、少し様子見もしたい。

なので、勝手に10にされるのは阻止したい。

そこで、


を参考に設定を変更したので、その記録を・・。。
# updateプログラムはインストールされていることを確認した後から

start>プログラムとファイルの検索に"gpedit.msc"を入力してenter。

起動した、ローカルポリシーエディタで設定を変更する。
a0012319_22095996.gif
指定された階層に移動する。
a0012319_22095921.gif
右側の「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」を左ダブルクリックで開く。
a0012319_22095918.gif
最初は「未構成」になっているところを「有効」に変更して「OK」ボタンをクリック。

たぶん、これで勝手にWindows10になることはないだろう。




More
[PR]
a0012319_16521332.jpg
昨年に続き今年もNASのディスクが壊れました。昨年からほぼ1年ですね。
幸い?なのは、昨年交換したディスクではないってことくらいでしょうか。

昨年はメール通知機能を利用していなかったので、発生から気付くまで2ヶ月ありましたが、昨年、メール通知機能をONにしたのと、偶然休みで変な音がするので気付けました。

メール/ログには、

HDD2:データパーティションにディスクエラーが発生しました
HDD2:システムパーティション1にディスクエラーが発生しました
HDD2:システムパーティション2にディスクエラーが発生しました
HDD2:システムパーティション5にディスクエラーが発生しました

の順で発生しているようです。(2015/6/1 10:50)
昨年のときもログを確認すると同様だったようです。(HDD1で)

6/1 0:00 にアクティブリペアーが開始されたが、3:56に異常なしで終了していたのに。。
(これまでも数回アクティブリペアーが実行されていたけど、それも異常なしだったのに)

前回はRAID再構成したり、チェックディスクをしたりで、さらに傷を広げる失態を演じたので、今回は、悪あがきもせず交換しますよ。

速攻で、ヨドバシに注文。昨年と同じディスクを買うことができました。前回は、配送をお願いしたけど、今回は偶然お休みなので、店頭まで出向いて入手。
(モノを確認すると、ファームウェアが3.0でした。昨年のは2.0)

早速交換して、リビルド開始です。

昨年の交換と今回の交換で、ディスクは純正のもの(Seagate製)から、Western Digital製に完全に入れ替わりました。

それにしても、壊れたディスクどう処分しようかね~。以前のPCの小さいのも残ってるし・・。

<過去の投稿>


[PR]
a0012319_22553634.jpg
ブルースクリーンで起動不能に陥り、クローゼットに眠らせていたR2。
そんな時、体重計のメモリが満杯になり、吸い出す必要に迫られてきた・・・。

しかし、

吸い出すアプリが動くのはXPのみ。XPが動いているのはR2のみという厳しい状況。。

祈る思いで、電源ON!

起動した!

間髪居れずアップデート適用!(裏技?でアップデートの供給を受ける)

そして、体重計のデータを吸い出した。

ほっ。

なんとか動いてくれました。

この先は不安ですが。


# 翌日になって、起動すると、BIOSの起動画面でフリーズする事象に遭遇。強制リセットでなんとか起動したものの、不安は続く。
# 裏技アップデートは有効のようですね、BSODになったときはあせりましたが、直近のアップデート移行はなんとか動いてくれています。


[PR]
VAIOのノートのウイルス対策ソフトで定期的に検知されるファイルがある。

C:\Windows\SysWOW64\mfc45.dll

である。

ウイルス対策ソフトでは"Corrupted executable file"(破損した実行ファイル)として検知され、
VirusTotal(https://www.virustotal.com/ja/)で確認すると2/57でDownloaderと判定される。

駆除して一時的にはファイルは消えるのだが、しばらくして確認すると再び存在している。
実に気持ち悪いファイル。



vaio mfc45.dll

で検索すると、

https://support.avg.com/answers?id=906b00000004fXkAAI

といった記事が見つかった。気になったのは、
"The only thing that seemed to change on 17 November 2014, was that a Vaio Care update was loaded. "
の下り。vaio careが何か絡んでいるのか・・。

ひとまず、ソニーのサポートに問い合わせをしてみた。



More
[PR]
a0012319_22404434.jpg
Windows 10 Technical Preview が出たので、Virtual Boxにインストールしてみた。
英語版(64bit)をダウンロードして、いざ、、、

要求スペックが高いので、自宅のPCだとリソースがなかなか厳しい。
なので、インストールも時間がかかるし、動作がもっさりしているのは、しかたないとして、

スタートメニューが復活してますね。
このタイル状のものはこだわりなのかもしれないけど、ここにニュースとか表示してどうしようというのか。
テキストだけ表示でよくないかい。
(Windows8のスタートメニューに切り替えることもできます。ログインしなおす必要があるけど。)

個人的には、Windows7にあった「最近使った項目」を復活してほしい。

あと、storeアプリは、Window表示、全画面表示ができるようになてる。
これってMacOS Xで実現しているものと近いかな。
最初からこうすればよかったのに。

まぁ、Windows7にもどったような感じもする。


[PR]
マイクロソフトの公式ブログで問題について、公開されたもよう。

問題が発生する場合の復旧方法を中心に書かれている。
原因については、明確にはなっていない。

気になるのは、update後問題が発生していないPCについても、

(2014/8/18 追記)
現在、Windows Update / Microsoft Update / 自動更新経由でのこれらの更新プログラムの配信は停止しています。
なお、これらの更新プログラムをインストール後、特に問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のために、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨します。

とある。
変更履歴を見ると、本記事の当初公開が8/16 12:07で、上記の追記がされたのが、8/18 12:00。
2日間の間に、正常にupdateされたPCでも、今後発生する可能性があると判断されたということか。

自分のPCは問題は発生していないけど、一応アンインストールしておくかな。

8.1はスムーズにアンインストールできたけど、7は再構成に時間がかかってる。
再構成にミスると痛いなー。(約1時間後に無事終了しました)

この手のアンインストールって、1つアンインストールするごとに再起動を求められるんだけど、都度、再起動するべきなのか、まとめてでいいのかで悩む。


[PR]