カテゴリ:パソコン( 196 )


windows updateのトラブル確認のために、タスクマネージャを見ていると、
windows起動直後にもかかわらず、chromeのプロセスが数個存在していることに気付いた。

これは???

なにやら不正なものが動いているのか???

しばらくして、もしかして、ちょっと前に入った通知機能のせいではなかろうか。

とりあえず、通知機能を無効にして様子見。

無効のオフ/オンの方法は、こちら


[PR]

ネット上で騒がされているのを知ったのは、updateの翌日。。。

updateは寝ている間に放置で実施したので、事後の動作確認をしていなかったので不安が。。

帰宅後、早速動作確認。

7、8.1とも問題なく動作してくれた。


ほっ。


googleで検索してもみると、updateでブルースクリーンになる事象は、
今回が初というわけでもないようだ。

今回、たまたまgunosyのトピックに上がってきたので、気が付いたけど、
トピックに上がらなければ、知らないままスルーだったんだろうな。


今思えば、8.1のupdateには非常に時間がかかった。
1回目は失敗して、再度実施(寝てる間に実施)して成功した感じ。
この辺も、ブルースクリーンになったことと関係あるんだろうか。



More
[PR]
a0012319_11014645.jpg
先日、NASのHDDの故障対応をして、なんとかデータ復旧させたところですが、
HDDは無理やりそのまま使ってました。
(本当は交換すべきですが、エラーも治まったので)

が、

やはり故障しているのか、数日でエラーが出始めました。

2014/06/08 01:02:42 RAID監視:再構築:終了
 :
2014/06/11 23:04:34 HDD1:データパリティにエラー


3日と少しは稼動した・・かな。

仕方ないので、交換することに。

といっても、今構成しているHDDはすでに販売されていないだろうから、
何に交換しようか・・と、ネットの情報を探る。

Western DigitalのHDDに交換した事例を発見!



なんでもNAS用のモデルらしい。(ちょっと期待できるか)
型番は「WD10EFRX」

アキバでバルクを探してもいいんだけど、面倒なので、ヨドバシ・ドット・コムで注文。

9,380円(ポイントで支払ったので持ち出しはゼロ)


6/14(土曜日) 9時ごろ、クロネコで配達されてきました。(早いです)

さっそく、交換してRAID再構築開始。。。

これで大丈夫かな。


基板のトラブルでないことを祈りつつ・・・。

[PR]
(長文です)
NASが起動できなくなってしまったので、ディスクからデータをサルベージすることに。
とりあえず手順などを記録として残しておく。

最初にサルベージ作業でのトラブルをまとめておきます。
・管理者でないとできないことがいろいろ。administratorsグループに属しているだけではだめらしい。
 →コマンドプロンプト、VBoxとも管理者で実行しましょう。
・VBoxでWindowsと共有するためのの機能が、管理者権限で起動したときにインストールできない
 事象発生。
 →Win7を再起動して、VBoxをユーザモードで動かして、
  追加機能をインストールすることでなんとか解消。


では、サルベージ作業の記録へ。

■準備(今回の作業で使ったもの)
 ・デスクトップPC
  OS:Windows 7 ultimate
  VM:Oracle VirtualBox
  ゲストOS:Ubuntu 12.04.4 LTS
 ・NASから取り出したHDD (NASはIOデータのHDL2-A2.0です)
 ・HDDをデスクトップのSATAに接続するためのSATAケーブル
 ・HDDに電源共供給するためのケーブル
 ・HDDに電源共供給するためのACアダプタ
  * これはデスクトップPCから取れれば必須ではない
  * 今回、当初USB接続できるキットを使う予定だったので、利用してみた。


 (補足)
 ・Oracle VirtualBoxは下記から入手してインストール。
  http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html?ssSourceSiteId=otnjp
  今回利用したのは、VirtualBox-4.3.12-93733-Win.exe
 ・Ubuntuは下記から.vhdファイルを入手する。
  http://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix-vhd
  ubuntu-ja-12.04-desktop-i386-vhd.zip (md5sum: f9a15fba813656f6c2d5719496d7c997)


 ・デスクトップPCにNASのHDDをSATAケーブルで接続
 ・Windows7を起動

 ※環境面の値をまとめておく。
  ・NAS HDDをWindowsでは「ディスク2」として認識する。
  ・上記をVBoxからは「linkstationHDD.vmdk」で認識させる。
  ・NAS HDDのマウント先は「/mnt/nas」
  ・Windowsの共有フォルダ(NAS HDDのデータをサルベージする先)は「F:\share」
  ・Windowsの共有フォルダのマウント先は「/mnt/winfolder」


■NASのHDDをUbuntuに認識させる。
(※今回、UbuntuはすでにVirtualBoxに入っていたものを使うので、認識させる作業から)

◆Windowsでの作業
・マイコンピュータを右クリックし管理を選択
・記憶域>ディスク管理でNASのHDDが何番のディスクとして認識されているかを確認。
 (今回は「ディスク2」で認識されていました)

VBoxでXFSフォーマットの物理ディスクのマウントできるようにする
・スタート>すべてのプログラム>アクセサリ>コマンドプロンプトを右クリックで、
 管理者として実行する。
・Vboxのインストールドライブ・ディレクトリに移動(D:\Program Files\Oracle\VirtualBox)
 > D:
 > cd D:\Program Files\Oracle\VirtualBox
・下記のコマンド入力
 > VBoxManage.exe internalcommands createrawvmdk -filename linkstationHDD.vmdk -rawdisk \\.\PhysicalDrive2
 ※物理ディスク2をlinkstationHDD.vmdkとう名前でVBoxで認識できるようにするためらしい。

◆VBoxでの作業
・スタート>Oracle VM VirtualBoxを右クリックで、管理者として実行する。。
・VirtualBoxマネージャーで、Ubuntuのディスクへの設定で、登録したHardDiskをSATAで登録する。
 (linkstationHDD.vmdkをSATAに追加する)
・Ubuntuを起動する。
・ターミナルを開き、下記にコマンドを実行する
 > cat /proc/partitions
 ※容量等から、NASのHDDが何で認識されているかを確認(今回はsdb6で認識されていた)
  (NASのHDD登録前の状態も確認しておくとわかりやすい)
・NAS HDDのマウント場所を作成する。
 > sudo mkdir /mnt/nas
・NAS HDDをマウントする。
 > sudo mount -t xfs /dev/sdb6 /mnt/nas
・マウントしたディスクの中身を確認してみる。
 > ls
 AppleDB Program Files dlna dms dropbox remotelink2 share
 shareの配下を確認すると、NASで利用していたときのディレクトリ、ファイルが確認できた。

 ★これで、NAS HDDをubuntuから利用できるようになった★
 ★次に、サルベージしたファイルの置き場所を作る

・Ubuntuが起動しているVBoxのウィンドウで、
 デバイス>共有フォルダの設定を選択
  フォルダ名:share
  フォルダのパス:j:\share
 で設定する。
 ※最初の時、Guest Additions~といってきた場合は、デバイス>Guest Additions~を先に実行する。
  もし、管理者でうまくいかないときは、一度、非管理者でVBoxを実行して同作業を。

・共有フォルダのマウント場所を作成する。
 > sudo mkdir /mnt/winfolder

・共有フォルダをマウントする
 > sudo mount.vboxsf share /mnt/winfolder

あとは、ひたすらコピー。
> cp -p -r /mnt/nas/ /mnt/winfolder/
(* 実際ここまで大胆にはできませんでしたが・・)



[HDD2]
HDD1と同様の作業を行うだけですが、mountしようとしたとき、
「スーパーブロックが読めません」ときた。

google先生に確認して、
http://pc.casey.jp/archives/153903576 を参考に、
> xfs_check /dev/sdb6
を実行しようとしら、インストールされていなかったので、インストール
> apt-get install xfsprogs

インストール後、、チェックすると、xfs_repair
を実施しろときたので、
> xfs_repair -Lv /dev/sdb6
を実施。その後mountできるようになった。

mount後は、ひたすらコピー。
(といいつつ、HDD1にない部分だけをコピーしました)



ファイル・ディレクトリの数を確認したい時は下記のコマンドを使う。
・サブディレクトリ含めてファイル数のカウント
 > ls -laR | grep -c '^-'

・ディレクトリ数
 > ls -laR | egrep -c '^d.+[^.]$'

あくまでファイル数であって最新かどうかはわからない。
更新するファイルが含まれているようであれば、最後まで使用していたディスクから
取り出したほうがよいでしょう、


これで無事サルベージは終了しました。
めでたし、めでたし。

More(構成を図示してみた)
[PR]

ブルーレイに録画データを書き込もうと、作業をしていたら、


NASのランプに赤い色が・・・。


管理画面にアクセスしてみると、HDD1で異常が発生している模様。
再起動すると、STATUSが正常に戻った。

ここでバックアップを優先すべきだったのに、ディスクチェックを始めてしまった。(後悔)

1時間たっても、終わらない・・・。焦る。(6/2 21時ごろ)
300GBぐらいしか使ってない状況でこれはおかしい。
電源ボタンの長押しをしてもダメ。(あー)

しかたなく、アダプタのコネクタを外し、強制再起動。

案の定、STATUSランプが赤点滅。(致命的なエラーが発生しているとのこと)
HDDを認識できないようだ。管理画面にはアクセスできる。
管理画面から再起動を試みるも、状況は変わらず。

あー、、、、、やってしまった。

この後できることは、サルベージか。。(どこまでできるかはディスクの状態次第)

ログを確認してみると、3/26 23:48頃にHDD1でRAIDのエラーが発生していた。(2か月超放置だったわけか)
ひとまず、NASは管理画面からシャットダウン。

箱を開けて、HDDを確認 > Seagate ST31000520AS

これと同じものはもうないだろうなー。


さっそく、PCにUSBで接続してサルベージを試したいところだったんだが、
SATAケーブルがないので、今日のところはここまで。

早ければ、明日にでもSATAケーブルを手に入れたいかな。

① まずは、壊れているとされるHDD1にマウントされていたディスクのサルベージをお試し。
  いければ可能な限りサルベージ。(しかし3/26 23:48以降のデータはない)
② HDD2にマウントされていたディスクのサルベージ。

ダメなら、これまでのデーらがすべてパーになるわけだ。
音楽データが一番痛い。次いで、お金管理のデータか。ホームページの元データも消えたな。(本チャンは動いているけど)

時間はかかるけど、定期的なバックアップは必要だと再認識する。



More(サルベージを終えて)
[PR]
VAIOのアクセサリの無線LANルータ。
ACアダプタにUSBコネクタで接続・電源を得て動くコンパクトな代物。
4000円しないので良心的な価格。

動作モードはデフォルトでは「自動判定」になっているんだけど、
実際、どんな風に動くのか動作確認してみた。

<自宅のネット環境>

ISP---(グローバルIP)---ADSLモデム/ルータ---(プライベートIP)---無線AP---PC

これに、

ISP---(グローバルIP)---ADSLモデム/ルータ---(プライベートIP)---VGP-WAR100---(無線)---VAIO

になる感じで接続する。


初期状態で、VGP-WAR100のWAN側にケーブルを接続しないで、無線アクセスしてみると、
WAR100には192.168.11.1が付与されている。

自宅のネット環境は、192.168.11.0/24で構成していて、GW(ADSLモデム/ルータ)に192.168.11.1が付与されている。
パッと見、192.168.11.1が2つの装置に付与されてしまうのでは・・・と思うわけだが、これがどのようになるのか、試してみた。

結論から

・VAIOから問題なくインターネットに接続できる。
・WAR100には192.168.11.1では接続できないが、http://vgp-war100/で接続できる。
・IPを確認すると、WAR100には .244、VAIOには .241が付与されていた。
 どちらもDHCPで払い出しているレンジ内。でも、なぜ242ではないんだ?(後にわかる)


ただ、接続には順番があって、WAR100のWAN側にケーブルを接続してから、電源をONにしないと、動作モードが正しく判断されないようだ。
(ケーブルを後あとから接続すると、LAN(無線LAN)側には、192.168.21.xが付与されていた)
* 説明書にも記載あり。


動作モードの判定は、WANに付与されるIPが、グローバルかプライベートかで判断しているとのこと。(* 説明書より)


なぜ、224になっているのか。。。

VAIOのIPを手動で244にして試してみると、やはり接続はNGになった。
どうも、アクセスポイントで動作するとき、WAR100には244を付与するように設定されているっぽい。
通常ではほぼ問題ないが、どこかの会場などで、有線LANを大勢でシェアするような場合には、ちょっとした問題になるかもしれない。

AP動作時に本体にIPを付与しないようにできないだろうか。。


■自己解決
サポにメールした後でマニュアルをじっくり読んで自己解決したよ。:P
基本設定>LAN のところにアドレス設定ってのがあって、ここでDHCPクライアントを有効にしておけば、
DHCPでアドレスをとり、チェックを外せば固定IPを付与することもできるようだ。
(実際に設定してみて確認した。IPを付与しないのはダメみたいだ。DHCPで取れないってのはあるかもだけど)

http://www.vaio.care.sony.net/content/manual/acc/ww/vgp-war100/ja/contents/TP0000060600.html

の説明もいまいちなんだよね~。
頭出しに”本製品を「ルーターモード」で動作する場合の設定を行います。”と書いておきながら、
”DHCP クライアントを有効にする”のところには、”本製品がアクセスポイントモードのときのみに設定できます。”なんて書くから。。

蛇足
[PR]
朝の8:30に日通航空から届きました。

本体、電源カーブル、ACアダプター、保証書、購入明細書、カルテ(白紙)、メモ、キーボードカバー用の布(なぜか)、点検結果の紙

早速、起動して、ドライバの更新を実施。
(その前にVAIO updateの更新も必要だった)
7/19にサポからいわれた設定もすべて元に戻す。

その後、スリープから復帰を何度か実施中。。。

(遭遇した事象)
■ドライバのupdate前、スリープから復帰時に、無線APがまったく表示されない事象に遭遇。
 機内モードON/OFFするも回復せず、無線LANデバイスの無効/有効で復帰。
■スリープからの復帰後、通信中に6秒ほど断になり、その後自動回復する事象に遭遇。

いずれも1回のみのため、継続確認が必要そう。

これまで、スリープからの復帰で1時間までは正常に通信できている。


BTは、点検に出す前と同じ。
3~10分程度使えていたかと思うと、突然、使えなくなり、40秒ほど経過すると復帰する。
これの繰り返し。なので、まともに使えない。
マウス側がおかしいという可能性はゼロではないが、BTマウスが複数ないので確認はできない。
[PR]
結論からすると、サポート側では再現しないとのこと。

いったん手元に返却してもらってから、再チェックする。


それにしても、今回のサポート対応についてはいろいろと不満。

1)時間がかかりすぎる
 8/25 集荷
 8/26 サポ到着
 8/27~8/30(中2日) 点検
 8/31 電話連絡(不在)
 9/ 1 電話連絡(受け)
 9/ 2 サポからメール・即返信
(9/ 4 サポから返信受領のメール・即返信)
(9/ 7 サポから時間がかかっている旨のメール)
 9/ 3~9/ 9(中5日) 点検
 9/10 サポからメール・即返信
 9/11(1日) 点検
 9/12 サポからメール

 最初の点検に中2日、こちらの指摘を受けての点検に中5日、再度の指摘で1日。
 こちらの指摘を受けての再点検が無駄。(指摘で揺らぐ)
 中5日の試験内容と1日の試験内容は項目は1/2でしかないはずだが、1/5まで圧縮されている謎。(ちゃんと点検されていない可能性)

2)勝手に判断される
 ・サポート全般に言えるが、やり取りをしているうちに方向がずれる。
  定期的に課題の再定義をしないとあらぬ方向に進む。
 ・カルテに書いても、それが理解されていないのか、内容を無視した点検が行われる。
  結果、こちらからの指摘で再点検となるため、さらに時間がかかる。

3)修理についてメールでの対応がない
 今回は交渉の末メールでの対応としてもらったが、標準ではメール対応がない。
 複雑な内容を口頭で理解するのは限界がある上、平日に対応できない場合、やり取りに無駄な時間が生じる。
 口頭では、言った・言わない論になりかねないし、こちらの手元に何も残らない。

4)サポートページの修理進捗がわかりづらい
 修理の進捗ページの記載が事実と異なる上、内容がわかりにくい。
 メールの対応とあわせて、進捗ページに詳細を記入・参照できるようにしてほしい。


これまでパソコンのサポートを使うことがなかったからなのか、ここまで不便だとは。
メーカーによって対応は異なると思うが、この対応はどうなの?
[PR]
VAIOの不具合に悩まされ、点検に出してから2週間が経過しました。
9/7にサポからメールが来ましたが、点検に時間を要している旨の記載以外には特になし。
無線LAN周りはそれなりに時間がかかると思われるので仕方ない。


で、ふと思った。

同時期に同様のテクノロジーを搭載したパナのAX3はどのようなものかと。(購入候補だっただけに)

で、調べてみた。

7月以降のドライバupdateを確認する限り、

7/9電源コントローラーアップデートプログラムを公開
7/17CF-AX3Wシリーズ BIOSアップデートプログラムを公開

の2点だけで非常に少ないのがわかる。無線もBTもない。

AX3のワイヤレスチップもネットのカタログをっ見る限り「インテルR Dual Band Wireless-N 7260」とあるので、VAIO Proと同じものだ。

9/6に店頭で設定を確認してみたら、VAIOの工場出荷設定と同じだった。
ということは・・・、VAIOの不安定さが浮き彫りになるわけで。


さらに、


2chのスレッドを眺めてみると、
事象が出ている人、出てない人さまざまいる模様。(出ている人がレアなのかどうかまではわからない)
事象が出ている人には無線APにNEC製の特定機種との相性問題としてる人もいる。(APを別メーカーに交換すると問題が解消するらしい)
自宅は、NEC製ではないくコレガの無線APだが、別にすると大丈夫になるということか?

しかし、2chでも書かれているが、他の多数のデバイスが問題ないのに、VAIOだけダメなのが無線APのせいってのはどうも解せない。
今回のサポ対応の中で、利用している無線APを確認されていないが、中の人だって(2chのスレッド内の情報を)認識しているなら確認してもよさそうだが。

あと、初期不良で交換している事例も確認できる。(入荷までに2-3週間もかかるようだ。それでも不具合が出たら返品だよな)

伝統的にVAIOは無線LAN周りは弱いのか、Zのときは最初つながりさえしなかったとの書き込みも見た。
最初つながるproはましだとか。そういう問題ではないけどな。(使える製品を出す責任があると思う)



さて、サポでの点検は3週目に入ります。今週には結果が出るか?そしてその対応はどういうものか。
見極めて行きたいと思います。
[PR]
15時前に入電。(着歴では8/31にも電話があったようだが無言で終了してた)

長々説明されたが、結論は異常は認められないとのことで、追加で何点か確認させてほしいとの電話だった。
事前にメールで点検内容と結果をもらうように依頼していたので、内容の詳細は確認せずメールを後で読むことにする。(担当者はメールを貰うようになっていることは理解してなかったけど)
(あの長い内容を口頭だけで説明する側も大変だが、聞く側はもっと大変。それで以上終了となる場合もあると思うと、やはり文面でもらうようにしたのは正解だろう。文面+説明が理想)

ポイント(結論)だけ書くと、

1)無線LANの不安定事象は再現せず。新しいドライバが出ているので、そちらで改善します。
2)BlueToothの不安定事象も再現せず。新しいドライバが出ているので、そちらで改善します。
 (BTの件は設定をデフォルトに戻すと100%再現させる自信あるけど)
3)明るさの自動変更が、省電力に設定を書き換えてしまう事象は再現しませんでした。
 (仕様を満たしてないってことらしい。あー、たまにしか書き換えないからってことか・・orz。そうだ、どんな時・条件で書き換えるのか教えてもらおう!)
4)スリープからの復帰で、起動しないや、起動してもエラーになる件も再現しませんでした。

どんなテストをどのくらい(期間・回数)やったのかは不明だし、再現してないのに最新ドライバで改善しますとはどういうこと?再現しないなら問題ないという回答でよいと思うけど、それができないのは何かある?


9/1時点でドライバのupdateを確認すると、
無線LANについて8/22にupdateが出ているが、bluetoothについては、6/19以降updateはでていない。(後から来るメールで再確認してみよう →9/2にリリースされた)
無線LANドライバについては、これまで7/5、18と出ても改善できてないので、8/22がどこまで有効なのは半信半疑。

メールに追加質問があるようなので、まずはそちらの確認から。
長期戦の様相。


#サポでは最新のドライバのupdate等はしないようで、最新ドライバにすることで問題がないかどうかの確認はしないそうだ。
 (その前に、再現させることもできてないので、updateしても意味ないけど)

More
[PR]