<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

昨年の5月に須田帆布のショルダーバッグを手に入れて、とても気に入って使っているわけなんだが・・
サイフだけ持ってちょっと出かける時には、もう少し小さいバッグがあったほうがいいな~と思いはじめた。
(ズボンのポケットに入れると変形してしまうので、入れない派)
何かないかな~と思っていたところ、街中を見ると、ヒップに小さなバッグをつけている人が結構いる。

調べてみると「シザーバッグ(ケース)」というらしい。

これいいじゃん!!!

ってことでいろいろ探してみた。
 ・TOUGH:ミリタリーっぽくていいんだけどな~
  (アメ横のお店「WORKS」は品揃えがよい)
 ・AGILITY:たくさん種類がある!でもちょっと高いな~
 ・うめももさくら:和柄の一品!ジーンズに組み合わせると異文化コラボ!(お値段もお手ごろ)

この辺りがいいな~。ほすぃ~!!

◆4/30追記
うめももさくらのシザーケース。ちょっと大き目なんだけど、デザインがGoodなので購入しちゃった!(>_<) お値段もいい感じなので!!
届くの楽しみ!
[PR]
白い皮ベルトを初購入。(今までは茶系が中心だった)
この間、リーバイスの502ホワイトレーベル買ったので、全部「白」で統一すべく購入。

しかも、リベット盛りだくさん!!
(こういうのを「スタッズベルト」と言うらしい・・。リベットじゃなくて「スタッズ」)

Gパンのインディゴカラーとホワイトベルトの組み合わせ なかなかいい感じ。
(茶系のベルトよりは存在感ある~~~~)

購入は、アメ横のガードしたのお店。9,240円也。(結構する)

a0012319_17144874.jpg

[PR]
前々から気にっていたところ。

中野ブロードウェイ

個人的なイメージは、レアアイテムがたくさんあって、オタクな人たちも集まる所。

なのだが・・・。果たして・・・。
で、やっと行ってみた。

イメージは間違ってないな。かなりコアな人が集まる空間のようだ。
漫画、フィギュア、コスプレなどなど・・。


ずらっと並んだ、フィギュアのケースを見ながら「あれはないの?」と訊く客。それに「ないですね~」と応える店員。そしてなんだかわからないものを2つほど購入していた客。

すげ~!ディープな世界だ!!!

a0012319_17212261.jpg

[PR]
中野の通りを歩いていたら、行列のできているラーメン店を発見!

並ぶのは嫌いなんですが、気になって並んでみた。

ラーメンの種類は中華そばとつけめんの2種類(特製がつくものもある)

基本ということで、「特製中華そば」を食べてみた。

スープは濁っているが、濃い感じはせず、魚介系の味が・・・。
麺は中太麺で表面がツルツルしている感じでなかなかうまい。
具はチャーシューとメンマと煮玉子とナルト(久しぶりに見た)。
煮玉子がすんげ~やわらかいの!箸で挟むと崩れ落ちそうなぐらい・・。どうやって作ってるんだろう???

評価は、★★★。
うまいです。何度でも食べたくなる感じの味。(すごいパンチ力はないですが)
今度は、つけめんを食べてみたい。
a0012319_17315720.jpg


<まとめ>
 注文:特製中華そば
 スープ:魚介系でさっぱり
 麺:中太麺
 評価:★★★
[PR]
アニメの世界の話だと思ってた・・・。
このテレビ番組を見るまでは・・・。


プレミアム10
 「立花隆が探る サイボーグの衝撃」


なんと、人の手の代わりになる機械の手、目の変わりになるビデオカメラが紹介されていた。
どちらも神経もしくは脳に接続し、脳からの指令により手・指を動かし、カメラからの映像を脳に送る。

手の動きはかなりのものだった。
徳利をつかんで、お酌をできるまでになっていた。

人工の目で見ることができる映像はま光の点程度のようだ・・・。


それにしても、サイボーグがこんなにも進んでいたなんて・・・。知らなかった。
そのうち、事故等で失った肉体をサイボーグで補う時代が来るんだろうな~。

ネットワーク経由で人体と機械を接続し、遠隔の機械を直接制御する映像も驚愕。


a0012319_22242624.jpg


#目の代わりのカメラなんて、マトリックスの世界だよ・・
[PR]
ラーメンの本に載るお店が横浜にあったので行ってみた。

「極上塩ラーメン」を注文。
(お昼の時間(11:00~15:00)はサービスでご飯かチャーハンが付くようだ。ご飯を注文)

麺の種類も 平打ち麺、細麺、太麺から選べる。
今回は、細麺(ちぢれ麺です)を選択。

いよいよ出てきました。

塩ラーメンは味が繊細らしく、トッピングは岩のりとねぎだけ。別に小皿でチャーシュー4枚とメンマが出てきます。

早速、味ですが、スープは魚介系らしく、その香りがかなりします。
最初の一口目は少し薄い澄し汁といった感じで、確かにトッピングをいろいろ入れると飛んでしまうかもと思った。

しばらく食べ進めると、なぜか塩味が濃くなってくる感じで、終盤は少ししょっぱ過ぎたような。
(岩のりのせいだろうか?岩のりは相当量載ってます)

個人的な評価は★★でしょうか。(最大は3つ)
うまいですが、ちぢれ麺がちょっと好きではないのでしょう。個人的に。。

まぁ、もう一度、今度はしょうゆラーメンを試してみてから判断かな・・・。

a0012319_17381512.jpg


<まとめ>
 注文:極上塩ラーメン
 スープ:魚介系でさっぱり
 麺:細ちぢれ麺
 評価:★★ (後半、ちょっとしょっぱいかな・・・)
[PR]
Golden Weeeeeek!が迫ってきました。
2日休めば連続になるのですが、担当のほかの人が休むようなので、出勤しておこうとおもってます。その代わり、前に2日、後ろに5日つけて2つの中規模の飛び石を作ろうかと。

昨年までは、この時期はどこも混雑するんだろうなーと思って、取り立ててどこに出かけるということはなかったのですが、今年は、どこかに行ってみようか・・・。どうせならあったかい方面へ・・・。道後温泉なんか入ってみたいな~~~~!でも遠いな。(-_-;)
[PR]
昨年までは「野毛大道芸」という1つの名前で実施されていた大道芸の祭典ですが、今年(から)は、野毛大道芸(野毛地区)、みなとみらい21大道芸(みなとみらい21地区)、ヨコハマ大道芸(関内・馬車道、吉田町、伊勢崎町)に分割された実行委員が実施しているようです。見る側からすると特に違いはないんですが、案内のパンフレットは別だったようです。
(一枚ですべてが見れないのは何かと不便かな・・・。見たい芸人さんを探す場合とか・・・)

さて、今年は、赤レンガエリア、馬車道エリア、そして伊勢崎商店街エリアを見てきました。
・エスコーラ・ヂ・サンバ・サウージ <サンバ>
・川原彰/奥田優子 <ジャグリング>
・雪竹太郎 <人間芸術館>
・アルカマラーニ <ベリーダンス>
・mr. Bun Bun <ジャグリング、バルーン>

a0012319_21401845.jpg


偶然通りかかったところで見た「mr. Bun Bun」と「アルカマラーニ」が初ですね。
◆mr. Bun Bunさん
「アイシュー」ってヒーロー?に扮して話がすすんで行きます。結構小さい子がたくさんいたな・・。
最後に巨大ゴム風船を使った芸があって、初めて見れてよかった。笑えた。
a0012319_2140739.jpg


◆アルカマラーニ
7~8人のベリーダンスのチームのようです。すげ~腰の動きに見とれる感じ。(笑
南方のアジアな感じがして結構よかった。
a0012319_038120.jpg


もうちょっとジャグリングを見ないといかんな。。

#サンキュー手塚を最初から見ることができなかったのが残念か・・。
[PR]
アフィリエイトでリンクを作成するとき、Livedoorブログは画像のコピペで作成できるのをいいことに、安易に貼り付けでやってた・・・。

ところが!

その貼り付けられた画像のリンク先はまったく自分の利益につながらないものになっていた・・・。_| ̄|○

まぁ、そんなに変わらないかもしれないけど、間違っていたのはかなりショック。
いままで結構リンクしていただけに・・・。

これから全部張りなおさなければ・・。
[PR]
最近よく聞く言葉です。昔は、一億総中流だったのが、最近は中流がいなくなって、潤っている人と苦しい人の差が大きくなっている。

Yahooに、
「日本で格差拡大と米紙 日本社会の良さ喪失懸念」
という記事が掲載されていました。
たぶんリンク先はなくなってしまうでしょうから、一部だけ、

「自分の暮らしを平均的だと感じ、かつて「1億総中流社会」と言われたような日本社会の良さが失われる懸念があるとした。」」

縦並び社会・格差の源流に迫る:強まる金持ち優遇

のあたりを読んでいると、その仕組み気がついて実践した人は儲け、気がつかない・気がついても実践しない人は置いていかれる。その人が悪いんだと言ってしまえばそれまでないんだけど、なんだかな~~~。

あと、年功序列/終身雇用を捨てて、成果主義を選択したことも一因だと思う。
日本独自のシステムでここまでの成長を遂げてきたのに、それをあっさりと捨て去ってしまった。そんなに成果主義っていいシステムなんですかね・・・。安定した収入を得ることができるか不安になるようなシステムで、安定した社会を作ることって難しいような気がしますけど・・。

◆Revival in Japan Brings Widening of Economic Gap

あと、
縦並び社会・格差の源流に迫る:倒れるまで働け
の内容を読んでしばし沈黙。。。
成果を追求したため!とまでは言わないけど、食べていくためにそこまでしなければならなかったのかと思うと・・・。もし、本当に生活するためにここまでを強いているのであれば、それは絶対間違ってるけどね。

適度に仕事と生活がバランスしないと人間壊れるよ。
[PR]