<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

VAIOのアクセサリの無線LANルータ。
ACアダプタにUSBコネクタで接続・電源を得て動くコンパクトな代物。
4000円しないので良心的な価格。

動作モードはデフォルトでは「自動判定」になっているんだけど、
実際、どんな風に動くのか動作確認してみた。

<自宅のネット環境>

ISP---(グローバルIP)---ADSLモデム/ルータ---(プライベートIP)---無線AP---PC

これに、

ISP---(グローバルIP)---ADSLモデム/ルータ---(プライベートIP)---VGP-WAR100---(無線)---VAIO

になる感じで接続する。


初期状態で、VGP-WAR100のWAN側にケーブルを接続しないで、無線アクセスしてみると、
WAR100には192.168.11.1が付与されている。

自宅のネット環境は、192.168.11.0/24で構成していて、GW(ADSLモデム/ルータ)に192.168.11.1が付与されている。
パッと見、192.168.11.1が2つの装置に付与されてしまうのでは・・・と思うわけだが、これがどのようになるのか、試してみた。

結論から

・VAIOから問題なくインターネットに接続できる。
・WAR100には192.168.11.1では接続できないが、http://vgp-war100/で接続できる。
・IPを確認すると、WAR100には .244、VAIOには .241が付与されていた。
 どちらもDHCPで払い出しているレンジ内。でも、なぜ242ではないんだ?(後にわかる)


ただ、接続には順番があって、WAR100のWAN側にケーブルを接続してから、電源をONにしないと、動作モードが正しく判断されないようだ。
(ケーブルを後あとから接続すると、LAN(無線LAN)側には、192.168.21.xが付与されていた)
* 説明書にも記載あり。


動作モードの判定は、WANに付与されるIPが、グローバルかプライベートかで判断しているとのこと。(* 説明書より)


なぜ、224になっているのか。。。

VAIOのIPを手動で244にして試してみると、やはり接続はNGになった。
どうも、アクセスポイントで動作するとき、WAR100には244を付与するように設定されているっぽい。
通常ではほぼ問題ないが、どこかの会場などで、有線LANを大勢でシェアするような場合には、ちょっとした問題になるかもしれない。

AP動作時に本体にIPを付与しないようにできないだろうか。。


■自己解決
サポにメールした後でマニュアルをじっくり読んで自己解決したよ。:P
基本設定>LAN のところにアドレス設定ってのがあって、ここでDHCPクライアントを有効にしておけば、
DHCPでアドレスをとり、チェックを外せば固定IPを付与することもできるようだ。
(実際に設定してみて確認した。IPを付与しないのはダメみたいだ。DHCPで取れないってのはあるかもだけど)

http://www.vaio.care.sony.net/content/manual/acc/ww/vgp-war100/ja/contents/TP0000060600.html

の説明もいまいちなんだよね~。
頭出しに”本製品を「ルーターモード」で動作する場合の設定を行います。”と書いておきながら、
”DHCP クライアントを有効にする”のところには、”本製品がアクセスポイントモードのときのみに設定できます。”なんて書くから。。

蛇足
[PR]
春の経験を活かしつつ、自宅出発を調整。

5:30~車に荷物搭載
6:00 自宅出発
6:30 東雲イオン到着
7:15 イオン→KMさん宅へ
7:25 KMさん宅到着(5分遅刻)
7:35 勝どき駅到着
7:40 ReSさん乗せて、晴海へ

現地に着くと、雨が降るかも・・の天候だったので、業者の数も少ない。
手前に近い空間を確保できたよ。

今回の楽しみは、さんまとミネストローネ。

 :
 :

あとの記憶では、さんま、ミネストローネ、ほたて、肉一口、焼きそば一口ぐらいしか記憶にないわ。
ハマグリとか、エビとか、いろいろあったと思うんだけど・・(ww

ま、楽しくBBQできました。
翌日は半分記憶なかったか。それでも、雨の中、車を取りに行ったよ。。

次は、春。

オーブンで焼き物できるといいかも~

# 牡蠣の殻むきナイフと包丁が自宅から出てきました。歯物は別にしてたの思い出した。。orz
[PR]