<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これまでは、auのキャリアメールの自動転送機能で、gmailに転送してスマホで確認して使っていた。

参照するだけであれば、これで事足りるわけだが、返信しようとすると、送信元メールアドレスがgmailになってしまうため、相手によっては、フィルタリングされてしまう可能性や、事前に知らせていないと、いきなりgmailから来るので不信感を持たれる可能性もある。

SIMフリースマホでも、キャリアメールを受信・送信できるようになればよいのだが。。。

で、いろいろ検索していると、実現している人がいることがわかった。

SMSでURLをゲットしたり、いろいろな方法があるようなんだけど、最終的に自分が実現した方法を整理しておく。

<準備するもの>
・ガラケー(自分のはX-RAY)
・au回線(3G/LTE)で使えるiPhone(なんとかして手配しよう!ショ●●とか・・・)

<手順>
・au回線のiPhoneのブラウザで、auお客さまサポート(https://cs.kddi.com)にアクセス
・iPhone設定ガイドをタップ
・STEP1 メール初期設定をタップ
・メール初期設定へをタップ
・au IDでログイン
・上記以外のアプリをご利用の方はこちらにある「手動設定」を選択、次に「設定情報送信」を選択。
・ガラケーのCメールにユーザ名、パスワードが届く
・スマホのメールソフトにメールアカウント設定(受信を確認)
 送受信サーバは、
 受信サーバ:imap.ezweb.ne.jp SSLあり(ポート:993)
 送信サーバ:smtp.ezweb.ne.jp SSLあり(ポート:587)
・ガラケーのCメールで 00090015 宛てに本文 1234 のメールを送信
これで、ガラケーでもスマホでもキャリアメールが使えるようになった。

最初のSMSは別にして、au お客さまサポートにログインして以降の画面遷移は、
のページが参考になると思います。


(雑談)
・最初にSMSで#5000に1234を送るというのは、、、
 →auお客さまサポートのログインする手間を省くだけのもの。SMSが送れなくても、au お客さまサポートからログインすれば、設定画面にたどり着けます。
・最後の00090015への1234のCメール送信について、ガラケーで受信する必要がなければ、この作業は不要のはず。ただ、自身の体験の中では、この設定をしないと、スマホでキャリアメールも送受信できなかったので、この作業を行った。(ガラケーのパケット通信料金が無駄ではあるが)
 機会があれば、もう一度最初から実施してみたいところだが、、au回線のiPhone確保がネック。
・一応公式なマルチデバイス対応はWEBメールってことになっているのかな。
・それにしても、au回線から、かつ、iPhoneからしかこの情報を取得することができないような縛りを入れるのか。まあ、すべてに解放すると、回線を使ってもらえない(パケットが流れない)ので、売り上げにつながらないというのが理由ではあるのだが、オフロードとかいろいろ考えると、回線とメールを縛る時代ではないような気がする。


(他の参考ページ)
 の画面遷移も参考になるね。



More
[PR]
a0012319_10362431.gif
トイレのタンクから便器への漏水を修理してもらいました。

実は、かなり前から気にはなっていたんだけど、常時ちょろちょろ流れるものなのかな~と自己判断して放っていた。
が、日に日に流れ出る量が増えてくるので、今日になって管理会社に電話して修理の手配をしてもらったのだ。

結果は、漏水。

ものの10分ほどで修理は完了し、水はピタリと止まった。

業者さんに聞くと、結構な漏水だったようで、水道代にも影響がでるほどだったようです。
(こんなことなら、もっと早く連絡するんだった)


で、

水道料金を過去にさかのぼってみると、2014/7に初めて3,000円台(3140円)に入り、
そこからほぼ3,000円を下回らなくなり、2015/5には4,000円台を突破している。
2014/7より前の平均が約2,600円なので、1.5倍以上になる。

支払いベースで見ると
2014/7 漏水の始まり(3,000円突破)
2015/5 漏水の拡大(4,000円突破)
2016/3 漏水の修理

1年9ヶ月にわたって無駄な費用が発生していたってことか。

実際、2014/7~2016/1の支払総額は、37,020円。
仮に、2014/7以降も2,600円までだったとすると、2600円x10回(2014/7~2016/1)で26,000円だったはず。
その差、11,020円。(2,3月も漏水しているので、差額はさらに広がる見込み)

さらに、下水道料金も増えているので、さらに無駄な支出があったということ。
(金額は控えていないのでわからないけど、通常より2000円程度高いときもあったので、
20,000円程度無駄にしている可能性があるな。とほほ。
(過去のつぶやきを見ると、下水道料金が上がったのは2015/6からのようなので、5回10か月分が無駄っぽい)

上下水道合わせると、3万円ほどになるか・・あ~、もったいない!

今回、下水道料金について請求書払いにしていたから、上昇に気付いて、遅まきながら行動するこおとができたけど、口座引き落としにしていたら、気付くことなく支払い続けていたかもしれない。。
まあ、さすがに水漏れの多さに確認はしていたろうけど。(今回もそうだし・・)

<教訓>
・水漏れは、少しでも気になったら確認を!
・口座引き落とし額が適正か、毎月確認を!

うん十万円とかの請求になれば、気付いたりもするんだろうけど、数千円だとね。
それでも、身に覚えがなく料金が増えたときは要チェックですね。



※変化をさっくりっまとめられるのは、毎月オンラインバンクから明細を取得していればこそ。紙の通帳では手間がかかるからね~。

[PR]
搭乗口。新幹線のそれとほぼ同じ。
a0012319_13374828.jpg
壁面にはモニタが設置してあり、走行予定や前面のカメラ映像などが流れます。
a0012319_13374938.jpg
室内の概観。こちらも新幹線に似ていますが、席が左右各2席です。
a0012319_13374991.jpg
窓からの景色。そこそこ見えますね。商用区間はほぼトンネルになるようですが。
a0012319_13374932.jpg
座席の前面。これも新幹線とほぼ同じ、下部の網かごの横にドリンクホルダがあります。
a0012319_13374945.jpg
500km/hになった時。近距離のものしかないので、映像は線が流れているだけに見えます。車窓も同様。
a0012319_13374959.jpg
降車後に外部から。できれば、ガラス越しではなく直に見てみたかったですね。
a0012319_13374920.jpg
併設されている「わくわくやまなし館」の3階展望室から。ここがかっこよく撮れるかも。
a0012319_13374820.jpg
併設されている「県立リニア見学センタ」から。走り抜けるさまが間近で見れます。写真は右から左に走り抜ける瞬間。
a0012319_13483054.jpg
2016.4.21 youtubeに動画をupしてみました。
搭乗~走行~下車後です。

[PR]
a0012319_13363913.jpg
3月18日(金) 超伝導リニア体験試乗会の日。

車で大月駅に向かい、コインパーキングに駐車して、バスで14時過ぎにリニア実験センターに到着。
その後、受付場所へ移動。
敷地の入り口で搭乗予約証明書を提示して、建物内部へ。
手荷物検査と金属探知機のゲートを通過する。
発券機に、予約番号と予約時に入力した電話番号下4桁を入力し、搭乗券を発券。
搭乗ゲートを通過して、説明会場へ入り、指定された席に着席。
(説明が始まるまで、会場に掲示しているものの写真を撮影した)

14:21頃、説明のビデオが流れる。(撮影禁止)
内容は、これまでの開発の歴史と、試乗の注意事項が流れる。
14:28 説明が終わると、早速搭乗へ、通路を進む。
と、新幹線と似た乗車口があった。

乗り込むと、空間は新幹線に近く、左右各2席の並びで、17列の席が並ぶ。(1車両68席ってことだね)
(今の700系が6席x20列=120席なのでかなり少ない)

東京方面に向かって座る。(実験車両だからか固定っぽい)
席の空間だけど、膝と前席との間は、700系と比べると狭い印象。(飛行機よりは広いか)
商用車両は、変わるんでしょうかね?

で、いよいよ走行開始です。
まずは、東京方面に最大280km/h(東海道新幹線と同じ速度)での走行。
最初はタイヤが支えていますが、しばらくして浮上走行に移ります。
浮上走行に入ると、ノイズが減るのがわかります。振動も少し減る感じ。
(飛行機の浮いたな、、、という感じに似てるかも)
再度タイヤが接地する瞬間も飛行機の着陸時に似ている。衝撃は飛行機ほど大きくない。

次に、甲府方面に向けての走行。席は固定なのでバックする感じです。
今度は、最大500km/hでの走行がある。
普通の電車だと、車窓を流れる景色があるので、移動方向を意識するけど、試験走行区間では大半がトンネルの為か、どっちに進んでいるのかわからない感じです。ブレーキがかかる時にグッと席に押し付けられる感じがする程度。
500km/h走行時は、小刻みな縦揺れを感じる。これは、新幹線にはない揺れかな。飛行機にもない。これが長時間続くとなると、ちょっとどうなんだろうか。

再度、甲府側から東京側に最大速度500km/hでの走行をして、その後、出発地点に戻りました。
15:00 下車。
建物内から、リニアの外観を撮影して、アンケートに答えて終了。
(アンケートは体験乗車の手続・対応等に関するものが大変で、乗車した感じについての問はなかったですね)

というわけで、40キロ区間の1往復と少しで30分ほどの未来体験でした。



まとめ。
[PR]
2016年が始まって早3か月に入ってます。
最近はFBへの写真投稿や、Twitterでのつぶやきが中心。

blogにまとめるようなこともなくはないですが、気軽なFB、Twitterのほうが便利になりつつあるかな。

それでも、blogはしっかりまとめたい時や日付で振り返りたい時には便利なので、1か月分のFBやTwitterを振り返りつつ、整理しておくと、便利かな~。特にイベントごとがるようなときは。

そんなこんなで、3月18日には超電導リニアに試乗してきます。
これは、できれば、blogに書き込んでおきたいかな。

ここまでのFB、Twitterを振り返ると、
<1月>
・今年は味噌ラーメンを中心に攻め始める
・クラウドファンディングで投資したソーラーペーパーが届く
・初めてのオートサロン
・ダーツのリーグ開始(参戦から5シーズン目だろうか)
<2月>
・恒例の人間ドック
・最初の船は「ワールドオデッセイ」
・新宿で、研究室分会開催
・GoProを購入
・妙典橋の送り出し
・銀だこのスタンプカード(赤)完了!
・孤独のグルメで話題になった源氏食堂へ、ブタ塩焼ライスを食べに
<3月>
・カルピスのアレスケアを購入してアレルギー対策をしてみる。
・強烈目薬アルガードクリアマイルドZを購入
・秋葉原にCarl's Jr.上陸
・超電導リニアの試乗へ




















仕事は、、、、、面白くないね。面白、おかしく、楽しくしたいけど、面白くない。

[PR]