人間ドック

2012年度の人間ドックは、こんな年度末に設定されてしまった。(3/6)

今年は、初の芙蓉診療所。
(ころころ変わると記録がまとまらないので、同じところにしてほしいところ。ま、他を知る機会にはなるんだけど・・・)

新宿に8時なので、前後と余裕を見て自宅を6時半に出る。(早っ!)
9番カードを受け取り。それでも受付は8時15分ぐらい。

検査は、一般的な内容で、
問診、身長、体重、心電図、胸部X線、採血、胃カメラ、内科検診、腹部エコー、聴力、肺活量、聴力、視力
特に変わったものはない。

ちょっと変わった感があったのは、X線で横向きがあったな。
胃カメラはじっくり見られた。胃の入り口が若干赤みがかっていたが、試薬を入れて検査しても問題はなかった。
肺活量は短め。

で、
11:00に検査は終了。11:40から食事をして、12:45から面談で13:00すべて終了。

食事はセンター内で仕出し弁当。+温かい汁物(ご飯も温かい)
バランスを考えられているようですが、全体に薄味。
サケのマヨソース、ひじきの天ぷらがメイン。
(それでも塩分は3gなんだそうな。1日の適量は10gなんだと)

総括すると、
・検査の間にかなりの待ち時間がある。
 (丸の内クリニックの手際のよさを知っていると遅く感じる)
・1F~3Fに分かれているので、移動がそれなりにある。
 なのに、待合場所は3F。2Fにして欲しいな。
・検査は、一般的だけど、X線、腹部エコー、内視鏡は細かく検査してくれたかな。
 (内視鏡は口からだけど、入れ方が上手いのか、あまり苦しくなかった)
 最後の面談はちゃんと説明してくた。他は、それなり。
・建物がかなり古めで、軽い検査(身長、体重、肺活量など)は、部屋の片隅でやってる感じが否めない。

#最後の診察券くれるかとおもったけど、それもなし。これは今までで初だな。
[PR]
by star_no2 | 2013-03-06 20:51 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://star2.exblog.jp/tb/17417555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]