スターウォーズ エピソードⅢ

ちょっと早く先行上映で観て来ました。

事前に大まかなストーリ(ダースベーダはアナキンスカイウォーカーだった)は公開されていたので、すべてはそこに集約されてしまいますが、個人的には、

「愛する人のためにどこまでできる」

ってのがテーマなような気も・・。

愛する人が死ぬかもしれない。
もし、死ななくて済む方法があるとしたら、、、あなたはどうする?

たしかに、世界情勢を見たときアナキンの選択は間違っているのかもしれないけど、愛する人を助けたいという選択もあるといえばあるような・・。
(が、子供を手にかけてしまうのは、いかなる理由があっても頂けない選択ですがね)


しかし、

結果として愛する人も救えず、育ててくれた師を失ったアナキン。
これから何を支えに生きていくのか。いや、「生かされていくのか」
強い力を持ってしまったゆえに、いいように振り回され続けるのか・・・。
あの格好で・・・。

なんかアナキンの数奇な運命を感じさせるストーリーでした。

エピソード4・5・6と見たくなるね。このストーリーを知って見ると、見方も変わってくると思う。

a0012319_12493612.jpg

[PR]
by star_no2 | 2005-07-02 20:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://star2.exblog.jp/tb/2066083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]