熊本の地震がすべてではないけれども、、

地震で家屋が崩壊している状況を見ると、
その家の持ち主が、途方に暮れるているであろうことは想像に難い。

高齢で被災した方もそうだし、
若くてもローンが残っている方もそう。

そう考えると、地震の多い日本で、ローンまでして家を持つということは、
このような有事にリスクなのでは?と思ったりする。
(震災に遭遇する確率は低いのかもしれないけれども)

ローンが残った状態で、新しく家を持つのはかなり厳しいし、
賃貸にしてもローンが重荷になる。

しかし、賃貸であれば、ローンはないので、また別のところを借りれば、
再出発は比較的容易なような気がする。


もちろん、


賃貸はずっと家賃を支払い続けなければいけないので、収入に不安があれば厳しいし、
高齢になると貸してくれないということもあるので、
別のリスクは付きまとうのだけれども。

何が最適なのか、絶対はないんだろうな。

それでも、新築を高額なローンで購入するのはリスクは高そうだ。
中古を購入したほうがリスクは低い。
(中古でも、リフォームしているものを選べばそれなりな気がする)

[PR]
by star_no2 | 2016-04-21 22:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://star2.exblog.jp/tb/22737788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]