ふるさと納税

「ふるさと納税」と言う言葉は聞いたことがある。
納税とあるが、市町村を指定して、寄付をすることで、その寄付した分に対する税金が還付される程度に考えていたんだけど、どうも違うらしい。

ふるさと納税額*1のうち2,000円を超える部分は所得税・住民税から控除される。(参考-総務省
(*1 上限あり)

「控除」なので、やはり寄付した金額にかかる税金分が戻るという意味では認識はあっているような気がする。

で、その計算式ですが、
・所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
・住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
・住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)
がある。(特例分は、ふるさと納税額が限度額内の場合。特例分の最大は住民税所得割額の2割まで)

たとえば、所得税30%の人が、10万円のふるさと納税をした場合、
・所得税の控除=10万円-2,000円x0.3=29,400円
・住民税の控除(基本分)=10万円-2,000円x0.1=9,800円
・住民税からの控除(特例分) = (10万円-2,000円)×(100%-10%(基本分)-30%)=58,800円
これらを合計すると、29,400円+9,800円+58,800円=98,000円

通常の寄付とふるさと納税の違いは、住民税(特例分)があることだね。

この特例分があることで、実質2,000円の負担ということになり、さらに納税のお礼(返礼品)があれば、返礼品を2,000円で手に入れるという図式が成り立つわけです。(しかし、これって、国内の税収の総額は減るよね?還付で返金してるんだから。まあ、ふるさと納税された自治体の税収は増えるだろうけど・・)


で、いろいろ考えた挙句、95,000円でモンベルのバウチャーチケット50,000円分がもらえるものがあったので、そこに申し込んでみました。50,000円のバウチャーで、テントとコットを手に入れようと思います。
テントを返礼品として手に入れることもできるのですが、その場合、最低額で76,000円の納税が必要。
しかし、(狙ってる)コットは返礼品にないので、29,000円が必要。
76,000円+29,000円で105,000円になる。(還付を考慮すると、持ち出しは2,000円+29,000円の31,000円)
しかし、バウチャーを使えば、95,000円で同じものを手に入れることができるのである。(還付を考慮すると、持ち出しは2,000円)

この差は大きいですね。








ちなみに、狙っている品は、、、

モンベル クロノスドーム1型 21,000円(2型は、22,800円)
ヘリノックス ライトコット 29,000円

です。合計5万円ぴったり!

◼︎2018/5/6
手続き完了。
◼︎2018/5/17
納税先の自治体から郵便物が届いた。ついに来たか(それにしても金券が普通郵便?)と、開封してみると、金券ではなく、受領証明書でした。。
◼︎2018/5/20
郵便の不在票(モンベルクラブ事務局から)。ついに来たか。今週末までには受け取りして、購入はじっくり検討しよう。コットはほぼ確定でいいかな。
■2018/5/21
会社から帰宅後、郵便局まで受け取りに行ってきました。封筒の中には1枚のバウチャーが入っていました。これが、、、
■2018/5/22
バウチャーのままでネットショップでも、店舗でも使えないらしく、モンベルクラブに入会(入会金・年会費1年無料)して、バウチャーのID/PINを登録することで、ポイントが加算されるらしい。そして、そのポイントが1ポイント1円で使えるという仕組み。で、このポイントの反映が新規会員だと1時間後、既存メンバーでも30分後だそうです。なので、店頭に行く場合は、自宅でポイントを加算してから行ったほうが良いでしょうね。店頭でもできるらしいが30分~1時間待たないといけない。

[PR]
by star_no2 | 2018-05-12 08:47 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://star2.exblog.jp/tb/238516067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]