カテゴリ:デジタル( 118 )

DJI OSMO MOBILE 2 を買ってみたよ。
a0012319_12460537.jpeg
初のジンバル(英語の発音ではギンバル?)

説明書見ながら、初期設定するも、初モノでいろいろとよくわからない。(*´-`)
スマホセットして持つだけかと思ってたんだけど、色々必要らしい。まず、電動で動いていることに改めて驚く。。

1.スマホのセット
クランプ部分に挟むのは感覚的にも分かる。そこから、バランスを取るために調整が必要なんだけど、どこを調整すればいいのかが説明書だと分かり辛い。色々ネジを回しているうちに、伸縮や移動する部分が分かり、なんとかバランスが取れた状態にできた。

2.アプリ
専用のアプリ「DJI GO」をスマホにインストールする必要がある。QRコードからアクセスしても何も出てこない。仕方なく、google playで検索するも、複数出てきた。説明を読むと、スマホ用とドローン用のようだ。スマホ用をインストール。

3.アクティベート
OSMOとスマホケースをブルートゥースで接続して、DJIのサイトに行ってメールアドレス、パスワードなどを初期登録することでアクティベートされる。

これで、やっと使える!と、チュートリアルに進むんだけど、スマホ画面のcontinueがクリックできない!なんでや~!もうわからんから、チュートリアルはなしにしてグーグル先生に教わった(笑)

細かい部分は、使いながら覚えるとして、最低限の使い方として、
操作モード(直立モード、ポートレートモード、吊り下げモード、ペンライトモード)を理解。
アクティブトラック
ジンバルモード(フォロー:スマホの動きに追随、フリー:画面一固定)。
a0012319_12462758.jpeg




気になる点、
[PR]
google home mini (以下、google home)で spofity を聴いていると、音が途切れる症状に何度か遭遇した。

再度、「再生して」と言えば、再生されたので、たまたまかと思っていたんだけど、頻繁に発生するようになってきた。
で、スマホのspofityアプリで見ると再生中だということが分かった。
(どういう仕組みかはわからないけど、spofityはほかのデバイスの再生状況をみることができる)

google homeのサポセンに問い合わせるも、類似事象の報告はないようで、ルータ、google homeの再起動をして様子見となった。

事象をtwitterでつぶやいていると、spofityのtwitterアカウント(@SpotifyCaresJP)からレスが付いたので、返答しつつ、対応をしてもらうが、結果として解決に至らず。
・再起動は、googleのサポでやってダメだったのでスルー
・テストアカウントでのログインして試してみるもダメ

17時を過ぎたからなのか、spotifyのアカウントからのレスはなくなった。(終了のメッセージもなく・・)

で、

構成要素がいろいろあるので、整理しつつ、超個人的なレベルで切り分けてみる。

(ハード的には)
google home ---(wifi)--- 無線AP/ルータ ---ケーブルモデム --- ケーブルTVインターネット

(ソフト的には)
google homeの上にはおそらくアプリがあると思われる。(ファームなのかな?)

(確認結果)
・同じwifiを使うipad上のspotifyアプリで再生:問題なし
・同じwifiを使うandroid上のspotifyアプリで再生:問題なし
・google homeでradikoを再生:問題なし
・google homeでspotifyを再生:問題発生

ということで、
・自宅のwifiは問題なさそうだ。
・radikoが再生できるので、google home本体の問題でもなさそうだ。
・ルータ~インターネット~spotifyサーバ側は問題なさそうだ。
・ipad、androidのspotifyアプリは問題なさそうだ。

ということで、

”google home上のspofityの何かがおかしい”

という結論にたどり着く。

Premiumサービスまで利用して、google homeで再生できないのはかなり痛い。
スマホ、タブレットで再生はできるけど、google homeは音楽再生のために買ったといっても過言でないだけに。


念には念をで、google play musicを試してみる。
問題なく再生できる。音が止まることもない。

あ、google home miniのファームウェアは、下記です。
system 100429
cast 1.28.100429


More(各所の対応)
[PR]
Zenfone3 Laser(ZC551KL)のリカバリモードの入り方はnexus 5 と同じなんだけど、Recoveryモードの中にある「Reboot to bootloader」を選択してしまうと、一度、bootloaderに入ってから、recoveryモードに入るという手順になるらしい。

で、bootloaderモードへの入り方は、下記の手順にみたい。

<手順>
電源オフの状態からボリュームボタンのup を押しながら電源ボタンを押す

表示された状態から、一番上の表示がRecovery modeに変わるまでボリュームボタンを押してから、電源ボタンでモードが変わります。
ちなみにモードは、START ⇔ Restart bootloader ⇔ Recovery mode ⇔ Power off の順で変わります。


で、、なんで、リカバリモードを使おうとしたかというと、無線LANの接続が詰まるような感じて、特にアプリのアップデートが全く進まない事象になんども遭遇したので、wipe cacheのクリアをしたいと思ったからなんですよ。
再起動すると、無線LANは問題なく使えるようになるんですが、しばらく使っていると、また詰まるような感じになるので、いろいろと試しているところです。
今のところ。
・アプリのキャッシュのキャッシュクリアも試したけどだめ。
 (対象アプリは、Google Play services、Google Play services for Instant Apps、Google Play Store)


[PR]
a0012319_22325381.jpg
最新は、Andoroid 8ですが、まだまだそこまでの道のりは長いようです。
(Zenfone3 Laserの8対応は表明されているので待つだけですが・・)

というわけで、Zenfone3 LaserにAndoroid 7.1.1が降ってきました。

主なアップデート内容は
・デュアルスタンバイに対応
・システムパフォーマンスの改善
・タッチパネルパフォーマンスの改善
となっているようです。

10月に世の中を騒がせてしっまったWPA2の脆弱性「KRACKs」対応はどうなんでしょうか?


とはいえ、上げない理由はないので、上げました。

変わったところはよくわかりませんが、明確に変わった点は、


カメラのシャッター音が変わり、小さくなった!


ことでしょうか。これ地味にうれしいです。

そして、「タッチパネルパフォーマンスの改善」がゴーストタッチの解消であることを望みます。

今日はゴーストは現れませんでした。が、IIJmioの通信速度は引き続き注視していきます。


[PR]
お化けではなく、Zenfone3 Laserに”ゴーストタッチ”がやって来ました。
操作していないのに、スマホが勝手に操作されてしまうアレです。

購入からちょうど1か月ぐらい経過したところです。
Chromeでサイトにアクセスしていると勝手に画面が遷移したり、入力されたりで、
まるでマルウェアにでも感染したのかとびっくり。


自端末環境をまとめておきます。

・Andoroidバージョン
 7.0

・通信会社
 IIJmio

・APN設定
 購入時のまま
 APNタイプ:default,supl,dum
 MVNOタイプ:none

・システムバージョン
 JP_21.40.105.35_20170714

・タッチパネルバージョン
 915L_5005_83_GIS_CTC_1080P


ネットの情報にある通りで、4Gの通信が非常に遅いもしくは通信できないぐらいになっていました。
スピード測定アプリで1Mbps出ないぐらいでpingの応答も遅くなっていました(300ms超)

クーポンの残量は十分にあり、ONの状態でです。

電源のOFF/ON、SIMカードの抜き差しなど試しましたが、通信速度の向上は見られません。
ゴーストは出現していませんが、4Gの通信が不安定になるといつ出てくるか・・。


ゴーストよりも、4G通信が不安定なのが大問題な気がしてきました。
a0012319_21324018.jpg


More(対策を試す)
[PR]
Zenfone 3 LaserのWPA2の脆弱性(KRACKs)対応をメーカー(ASUS)に確認してみた。

結果は、
---
無線LAN(Wi-Fi WPA2) 暗号化における脆弱性について(KRACKs)につきまして、
Android製品の場合、すでにGoogleから対策用のパッチがリリースされており、
随時システムアップデートにて対策用のパッチを入れたOSを配信していく予定となります。
今準備中でございますので、暫くお待ちいただければ幸いでございます。
---
googleからは11/6にリリースされるよう情報を確認してますが、11/6以前の時点で「リリースされており・・」の記述はちょっと変ですね。まあ、Androidスマホメーカーにはすでに修正版が提供されているということなのでしょうか。提供予定があるようなので、待つことにしましょう。どのくらい後になるでしょうね。

日本のメーカーはどうでしょう。。

[PR]

UI。
・ZenUIを使い続けようと思っていたけど、Google Now Launcherが使えることが分かったので、慣れたNowに切り替えました。Nexus5の時と変わらず使える。多機能ではないけど、シンプルでわかりやすい。
・画面上からスワイプインした時のメニューが変わっている(おそらくASUSによるもの)ので、慣れない。
バッテリーの確認は?、WIFIの確認・設定は?、テザリングOFF/ONがなくなった。
・ASUSによるカスタマイズが微妙に気になる。(使わないメニューに違和感)

物理操作。
・サイズが大きくなったこと、手帳型ケースにしたことで、画面操作、文字入力がかなり大変。
特に手帳型ケースは、使うときに「開く」という操作が加わるので、違和感が大きい。かつ、開いた後の画面をカバーしていた部分が邪魔で、左手での操作はかなりやりづらい。
・指紋認証で、起動→画面ロック解除が一連で動くのは便利。

バッテリー。
・さすが3000mAh。よくもつ。会社終わりでも、結構残っているので安心。(Nexus5のときは15%切ってバッテリーセーバーモードに移行していたので)



総じて、
サイズ、ケースの違いになれていないことが大きいかな。
まだ1週間なので、使い続ければ慣れるか・・・な。


[PR]
a0012319_23155600.jpg
比較してみました。(SettingのアイコンだけGoogle Nowに準拠されず、ZenUIのままでした。これはカスタマイズされているからでしょうか)

Google Nowは、最下の固定メニューには文字が表示されないようです。そのため、画面ぎりぎりまで使っているようです。
上も、ぎりぎりまで使っているため、アイコンの間隔が若干広いですね。フォルダの中のアイコンも大きくて視認性は高いように思います。

ZenUIの初期状態は、AppleのiOSに似せてあり、フォルダの中には複数のアイコンがフラットに配置されていましたが、カスタマイズすることでこの状態にすることができます。(ほかにもカスタマイズできますが、アイコンのサイズはこれが最大だと思われます)
また、アイコンの形状を面取りに統一することもできます。

Googleの○アイコンに対して、ASUSの面取りアイコン。好みの問題ですが、個人的にはアイコンサイズでGoogle Nowかな~。

HOME ランチャーの切替設定の操作の場所が分かりにくいのでメモって置きます。
Settings>Apps>上の歯車マーク>Home app から使いたいHomeランチャーを選択します。
SettingsがASUSによりカスタマイズされているので、他のAndroidもメニューの位置は異なるかもしれません。

その昔は、Settingsのところに、HOMEってあったんですがね。。

[PR]
a0012319_21092094.jpeg
10/5、nexus5が再び無限ループの世界に行ってしまった。今回は数時間にもおよぶ電源ボタン連打でなんとか起動できたものの、状態がだんだん酷くなり、10/6の夕方には使用に耐えられないぐらいに頻繁に落ちるように。さすがにこれではダメなので買い替えを決断。
Google Pixel2 が希望だったが、日本発売はなかったので、他の機種で探す。ネットで調べる限り、

VAIO Phone A
Zenfone 3 Laser

あたりが候補になりそう。。個人的に大きいのはストレージ容量かな。
これまで16GBで使ってきたけど、さすがに少なくてやりくりが大変だったので。
他の違いは、指紋認証の有無、無線LANのac対応の有無、SIMのDSDS機能有無など。(VAIO Phoneのほうが優れている点もある)

で、実用性を考えて、Zenfone 3 Laser に決定。

決まれば早いにこしたことはないので、10/6の会社終わりに、ヨドバシカメラアキバで購入しました。

26,800円(ポイント268)

安くはないですけど、まあ、こんなもんかな。ちなみに、VAIO Phone Aは21,380円。

さっそく帰ってセッティング。
まずは保護シール貼り。これは無難に綺麗に貼ることができた。最近のは全面を覆わないらしい。まあ、ピッタリだとズレが許されなくて大変だからというのもあるかもね。
ケースは初めて手帳タイプのものにしてみました。

次に、初期設定ですが、移行前のスマホがあれば、そこから移行してくれるようです。
Zenfone側の画面に従って移行の操作を進め、途中からnexus5 で操作することで簡単に移行してくれる。Googleアカウント連携を利用しているアプリのアカウント設定も自動で行われているように見える。が、Googleアカウント連携していないアプリは個別に設定が必要で、これが結構大変。。

その後は、初のZenUIに戸惑いながら、アプリの配置をnexus5 のようにして操作性をあげる。
見た目がPure Androidでないのは個人的にはあまり好みではないのだけれど。。
Google Now Launcherにすると、それなりに、Pure Android ぽく使えることはわかった。

さて、個人的にNexus5と比較して良かった点、悪くなった点をまとめてみる。

<よかった点>
・容量が増えた(16GB→32GB)
・指紋認証が使える。(ロック解除だけだけど)
・金属ボディでしっかりしてる(ゴールドは・・だけど)

<悪くなった点>
・Pure Androidでなくなったため、起動画面が変わったり、UIが違ったり、プレインストールアプリが邪魔。(まあUIは慣れの問題はあるけど、Pureのクールな感じに慣れてしまったので)
・デザインは、Nexsu5のようなクールさがない。
・サイズが大きくなったので、片手での操作はより困難に
・最下のメニューがハード側に固定化された。横にしたときメニューが移動しない。
・カメラのシャッター音がシャッター音ぽくなってしまった。(Pure Androidの場合は、ポン♪ぐらいで軽かったのに)

これから、外出先で使っていくなから、バッテリーなどのよかった点は出てきそうですが、現時点ではこんな感じですかね。

[PR]
a0012319_21225990.jpg
事前にリークされたイメージそのままの本体、カラーでしたね。(w

さらに、Pixel2 XLはかなりの狭額縁で魅力的。

新しい機能として、
・Active Edge(本体を握って操作できるらしい)
・Google Lens(カメラで写したものの情報を検索して表示してくれるらしい)
が搭載され、カメラの評価もDxOMarkで、これまでの最高スコア98点とたたき出しているようです。
価格もPixel2が64GBで649ドル(日本円だと7万円越えですかね)で、結構します。

しかし!!

Pixelの時と同じく、日本での発売は発表されませんでした。
これは、この先待っても日本は難しいのかな~。(Pixelの時と同じで)

いろいろな記事を見ても日本で発売するメリットがGoogleになさそうに見えます。
本体の仕様にしても、日本のプラチナバンドBand19に対応していないあたりは、日本を予定していない表れか。。まあ、Nexus5のように複数モデルが出る可能性もなくはないでしょうけど、Nexusのような低価格モデルではないので、それも難しいかな。


と、そんな発表日。

またしても、Nexus5が無限ループに陥りました。
前回と同様に電話んボタン押しまくりを試しますが、なかなか起動しません。
やっと起動したのは、押し始めて3時間ほど経過してから。。その後も数回お亡くなりになりましたが。
(10/7補足:USBケーブルからの充電状態だとなかなか起動しないようで、単体のほうが起動しやすいです。ただし、バッテリー残があることが前提ですが。それでも、起動中に落ちたり、起動後、しばらくして落ちたりするので、使い物にはならなさそうです)

これは、もう買換えだな。

Pixel2もダメとなった今、どこに行くかということになりますが、中華系はちょっと不安なので、台湾製か日本製でしょうか。。。


そういえば、、、
[PR]