カテゴリ:食( 60 )


つけめんというと濃いつけダレのイメージがあるけど、昌平のタレはそんなに濃くない。
味は魚介系中心であっさりした感じだろうか。(個人的には好きな味)
麺は自家製らしく、もちもちした太めのいびつな麺。これはうまい。
タレ中のチャーシューとメンマは少量。(これは残念)

タレの器が深くないためか、普通盛りでも終盤はタレの温度が下がってしまった。
夏はこれでいいけど、冬は熱々のタレが最後まで続いてほしいかも。

店内はこじんまりしているけど、2階席もあるようで、結構な収容力がありそう。
店員の対応も明るくていい感じ。


お店:昌平(新宿西口店)
注文:つけめん
値段:600円
 ※お昼は半ライスがサービスになるらしい。
評価:★★☆
[PR]
材料:とびこ、豆腐、鰹節、味付け海苔、しょうゆ
明太子のときと同じ感じだけど、豆腐が塩気をやわらげてくれる。

a0012319_2326725.jpg

[PR]
近所のSATYの中にある、Village Vanguard

「365日たまごかけごはん」

の本を発見。(誕生日プレゼントにあげたんだけど、自分もほしくって購入)

a0012319_19475291.jpg


最初こそちゃんと読んで作ってみようかと思って、

・明太+きざみのり+しょうゆ
・干しえび+天かす+めんつゆ

を作ってみたら。うまいわこれ。

ってんで、適当に自分が食べたいものまぜて創作してみたりして、、

More
[PR]
テレビで宣伝しているのを見て、食べてみた。

鰹節系醤油味をチョイス。(2食分1箱)

準備する食材としては、卵ともやし。

麺を沸騰したお湯で8分ゆで、その後もやしを投入してさらに1分ゆでる。
ゆでている間に、器に卵を割りいれて、刻みねぎと混ぜておく。

麺ともやしが茹で上がったら、ざるで十分湯きりをして、器へ投入。
卵を絡めるようにまぜまぜ。
最後にたれを投入してさらにまぜまぜで完成!(簡単)

食べてみた感想は、、
・味はよい。(残り汁でご飯を食べるには少し薄味かも)
・麺は太麺でしっかりしてて食べ応えあり。
・もやしの食感も加わってよい。

ざるラーメンよりはいいんじゃないかな?量もそれなりにある。

個人的には、松茸の香お吸い物の元+うどん+卵のかまたまうどんのほうが好みかも・・。

◆卵とあえる汁なしラーメン「かまたまらーめん」
(永谷園)
[PR]
ずいぶん前から行きたかった(実は知らないときにつれて行かれたことがあるんだが)

「梅蘭」

食べてみたいのは少し変わった焼きそば。↓

a0012319_19442952.jpg


表面には焼き目の付いた麺しか見えない変わった焼きそば。

実は中にはアンがたっぷり入っている、あんかけや焼きそばの麺アン逆バージョンといった感じ。
中のアンはかなり濃厚でしっかり味が付いていて、うまい。

ただ、後半少し飽きてくるので、酢を入れてみると良いかもしれない。


お店:梅蘭
注文: Aセット(梅蘭焼きそば+杏仁豆腐)
値段:1,080円
評価:★★★ (ただ、少し濃厚・・)
[PR]
KICHIRIの後によったお店。

さすがに外観・店内は奇麗で、高級感がある。

軽く飲む程度で入店。
カウンターで飲んでみる。まぁ、お酒なので、お店の差は出にくいが、種類も豊富で店員の対応もなかなかよい。注文してすぐ出てくるのもgood。(KICHIRIと比較してしまうので、余計早く感じる)

お酒は超高級ワインをグラスで飲めたりもするようで、見た限りで一番高かったのは、
ロマネコンティ 30ml 約44,000円
だったかな。ボトルだと約1,000,000円だった。(!)

いろんな種類を飲んでみたいときはいい選択かも。2階ではさらにすごい食事もできるようなので、そのうちそちらも・・。^^;

<まとめ>
 お店:Maxim's de Paris in Akasaka
 注文:シャンパン、ワイン、生ハム、デザート(10000円程度)
 評価:★★★
[PR]
関西で名の知れている(らしい)カジュアルダイニング「KICHIRI」。
最近関東に進出しているようで、池袋、秋葉原、赤坂にお店ができた。

秋葉原のお店を知ったときから行ってみたかったので、赤坂店に行ってみた。

地下鉄赤坂駅から少し離れた新しいビルの3Fにお店はある。
エントランスは、事前の情報どおり小奇麗なマンションの入り口のようだ。
個室へ案内されたが、これが狭い!これならカウンターとかを使ったほうが正解。
(ただ、後にカウンター方面を覗いてみたけど、結構ザワザワしてた・・)

料理は、
大根サラダ、ローストビーフ、若鶏の竜田揚げ、エリンギソテー
を注文。しかしサラダ以外は出てくるまでに非常~に時間がかかる上、料理が少し冷めてしまっているのが非常に残念。
これならその辺の居酒屋の方が満足度は高いでしょう。

雰囲気は少し目を引くものがありますが、価格等からするとやはり居酒屋レベルなのだろうか。

話の種にはなったかもしれない。

<まとめ>
 お店:KICHIRI<赤坂店>
 注文:大根サラダ、ローストビーフ、若鶏の竜田揚げ、エリンギソテー+お酒(6000円ぐらい)
 評価:★☆☆
[PR]
豪華客船を見るために、休日を取得したので、ついでに陳健一の麻婆豆腐店(みなとみらい店)に行ってみた。

注文は、ランチメニューの「陳麻婆御膳」。
早い話が基本のセット。(笑)

内容は、麻婆豆腐、スープ、ザーサイ、ご飯。

※ご飯とスープはおかわり自由らしい。(今回はしなかったけど)

麻婆豆腐は深めのどんぶりのような器に入ってくる。
ご飯は、平たい皿の上に少し。(おかわり自由なので、明らかに少なめに盛ってる気がします)

レンゲではなくスプーンで食べるようになってました。
(これはこれで食べやすいのでいいです)

味は、一般的な素で作るような麻婆豆腐よりも明らかに山椒がしっかり利いていて辛目。
ただ辛くて食べられない・・・というほどではなかったです。
確かに素で作るものよりはおいしいかもしれないですが、感動するうほどうまいかというと・・。

まぁ、普通においしく食べられます。値段も普通ではないかな。

スペシャルランチにすると+点心が付きます。

お店:陳健一の麻婆豆腐店(みなとみらい店)
注文:陳麻婆御膳
値段:1,050円
評価:★☆☆

◆陳健一の麻婆豆腐店(みなとみらい店) - ぐるなび
[PR]
2回目。
今回は、前回はエビチリに目が行ってしまって食べなかった、

石焼きふかひれチャーハン

を食べてみた。

a0012319_171011.jpg


(食べてるときは気が付かなかったんだけど、石(器)割れてるな・・)

内容は、ふかひれ姿煮、かにチャーハン?、ちんげん菜が石のどんぶりの中に入ってます。
混ぜると、アンの部分が石に目の前が真っ白になるぐらい湯気が上がります。
しばらくは熱くて、舌をやけどしそうなので、焦げ付かないように混ぜ続ける。

少し冷えたところで、少しずつ口へ。(それでも冷まさないと熱いです)

味は、適度な塩味。
ふかひれはそれなりの大きさではあるんだが、熱さのためか、食感はこれといってない感じ。
塩味だけなので、後半飽きてきますが、お焦げがあると、その部分だけ味・食感がちがうのいい感じになります。

もしかすると、あまりかき混ぜずに、お焦げを作ったほうがおいしく食べられるのかもしれません。

次は、梅蘭か四川のお店に行きたいな。


お店:鳳林
注文: 石焼きふかひれチャーハン
値段:1,800円
評価:★★☆
[PR]
横浜の老舗的な洋食屋さんらしい「センターグリル」
(テレビで紹介されていたので、行ってみた。)

お店は、路地を入ったところにある。
裏で繋がっているのか、入り口が2つある。今回は、西側?の入り口から入ってみた。
4人がけのテーブルが6つで、店員さんが一人とこじんまりしてる店内。
昔っぽい作りだ。

土曜日の12:00だったけど、お客さんは4名。(意外にすいてる)

スパランチを注文。
程なくして出てくる。(どおうやら調理は奥の別室で行われているようだ)
1枚のステンレスのプレートに、ライス、スパゲッティ(ナポリタン)、チキンカツ、ポテトサラダ、キャベツの千切りが載ってる。
テレビで言ってた通り、ナポリタンは昔っぽい太麺と懐かしい味で食べ応えあり。
(主目的はこれだったんだけど・・)

これで700円ならいいんじゃないかな・・。
(可もなく不可もなく)

a0012319_159661.jpg


<まとめ>
 お店:センターグリル
 注文:スパランチ(700円)
 評価:★★☆

#同様に老舗的な扱いの洋食キムラがあるけど、そちらはまだ行ったことなし。
 センターグリルを出て、店の前を通過したけど、空いてたような・・。

◆センターグリル
[PR]