人気ブログランキング |

カテゴリ:遊( 75 )

成田酒フェス

a0012319_21195542.jpg

確か2016年の秋から行き始めて、2017年の秋、2018年の春、秋と参加してきたフェス。

今回は、令和最初のフェス。しかし、5月にして猛暑で、日本酒よりビールが飲みたい1日でした。まあ、冷たい日本酒は美味しいんだけどね。喉を潤すほどではないのに酔は回る。という。

その後は、千葉の居酒屋でビールと牛すじ煮込み、串揚げを食べましたよ。うまかった!


平成最後は都会キャンプ
a0012319_19570757.jpg

平成最後のキャンプは都会でやってみた。

平成31年4月19日 城南島海浜公園



13時過ぎに城南島海浜公園に到着。

手続きを済ませる。初なので説明もちゃんと聞く。これまでも公園の場所は見たことはあったけど、改めて聞くと、サイトにはテーブル、椅子、焚き火台あり。焚き火をするなら灰を捨てる缶とホウキなどを持っていくようにとの事。リヤカーも自由に使えます。駐車料金は帰る手続きの時に駐車券を持っていけば500円になるようです。サイトは空いているところを選んで良いとの事でしたが、指定された場所にしてみました(41番)。近くにソロキャンの人がいました。(後から、キャンプまでするのは3組とわかり、場所選択ミスったなーと思ったけど)

まずは、コンビニ飯で飛行機を見ながら腹ごしらえ。この日は着陸にB滑走路が使われていたので、飛行機がよく見えます。食べ終わった後は、テント張り。慣れたもんで、あっという間に設営完了です。今回もコットも使います。残りの諸々はリヤカーを使ってみました。一度にたくさん移動できるのはいいですね。ただ、リアカーが重いので撤収時は使いませんでしたが。。

テントを張り終えたら、しばらくは写真タイム。
16時ごろ?まで写真を楽しんだら、夕食準備で火起こし。まずは薪割り。フェザースティック作り。若干手こずりましたがなんとか火付け。ここで、ガスの量がかなり少ないので、焼き物はウッドストーブでやることにしてみた。しかし、五徳と火が遠いせいかなかなか焼けない。巻きをどんどん入れて火力をアップさせながら、ソーセージ、ステーキを焼いて食しました。その後はガスでエビのアヒージョ。
夜景の写真を撮りにいくも、いまいち。リモートコードを持っていくのを忘れて(車の中にある)バルブがうまく使えず、テントに戻ると、雨?で、そのままテントで寝落ち。
翌朝は5時前に目が覚め、6時前に動き出し、ソーセージとキャベツのカレー味ドックを作って食べる。しかし、朝は、まだまだ寒い。風もあって、ガスが消える消える。風防の必要性を痛感しました。

飛行機好きで、飲みながら飛行機を楽しむなら最高の場所ですね。自然感はないので、飛行機目当て。

撤収時は風があって少しだけ難儀しましたが、無事撤収できました。

天然水ビールと競馬場

サントリーの天然水ビール「プレミアムモルツ」の工場見学してきました。ビールもしっかりいただきました!3種類!
試飲時間がちょっと短かったなー。お陰で一気に酔いました。。
a0012319_20412021.jpg

その後は、酔った勢いで東京競馬場へ!
人生初の競馬場ですよ!
レースは開催されていなかったので、場外馬券場ですね。なんか昭和感を感じる空間でしたわ。2レースに600円支出して、1つ当たって、420円バックでした。まあ、こんなもんでしょうか。
a0012319_20450655.jpg
馬番8のブラックランナーが1着。


a0012319_20450645.jpg
この雰囲気がギャンブル場って感じ。でも、馬券を買うのは券売機でかなり現代的です。初めてだったけど、マークシートに書いてすんなり購入できましたよ。


a0012319_20450751.jpg
この日はレースがないのでガランとしてますが、レースがあるとここが人で埋まるのか、、と思いながら眺めてました。


a0012319_20450701.jpg
場外には昭和な空間も残ってます。お邪魔はしませんでしたが。。



2018/10/6-7 in 道志の森キャンプ場
<成果>
バトニングできた!
薪で焚き火できた!
ソロでタープとテントの組み合わせできた!
a0012319_19230290.jpg
しかし、焚き火の火起こしは難しい。
固形燃料なかったら、やばかった!
次回は、ちゃんと予習して、、、だな。

で、行程まとめ。

9時過ぎ
開場時間(12時)を考えると少し遅い時間に自宅を出発。休憩込みで4時間あれば着けるかな?という算段。と、中央道の事故渋滞30キロで抜けるのに2時間とか。

10時18分。
だったらと、調布ICで一般道へ降りた。下道中心で道志の森を目指す。途中狭い道でのすれ違いを重ねながら突き進みます。413号に合流するポイントでは、神奈川方面が通行止めになってましたね。そこから道志みちをひたすら走り、道志の森に14時過ぎになんとかたどり着く。しかし、いい所は見つからず。道沿いのソロに良さげな空間を確保して、設営。タープの設営にもたつきつつも、なんとか設営。15時前までかかった。
a0012319_19230268.jpg
15時過ぎ。
早速買い出しへ16:40頃には帰還。途中で薪も350円でゲット(多分杉の木。焚き火には、ナラとかのほうがいいのかね。スーパーで800円で売ってた。管理棟でも500円であったけど木の種類は確認しなかった)

17時前。
空きっ腹をソーセージで満たしながら、焚き火の準備。そこらへんの杉の葉を燃やすも維持できない。仕方なく、炭と固形燃料のお世話になってなんとかなった。それでも、17:40頃にはちゃんとした焚火に。
夜は、とうとうやアヒージョを食べながら、焚火でまったり。
それでも22:30にはテントへ。
a0012319_19230209.jpg
翌朝は6:00始動。
散歩から。流石に奥行くほど道が悪く途中で、断念。二泊する人がおおそうですね。
(↓木々に囲まれていい感じ)
a0012319_19230174.jpg
(↓しかし、さらに上に行くと足元が非常に悪く、、ここで断念)
a0012319_19230129.jpg
(↓散歩で見かけたテントで一番かっこよかった!)
a0012319_19230159.jpg
8:30頃から撤収準備。タープ、テントを軽く拭きつつ、天日で乾かす。
9:00頃から本格撤収で、10:00には移動開始。

道の駅で吉田うどんを食し、富士山の水もゲット!山頂のレーダー博物館を見物して、1時間ほど過ごしてから、14:00には、ほったらかし温泉に到着。サイコロの結果で「あっちの湯」へ。。20分ほど温泉を楽しんでから帰路へ。小仏トンネルの渋滞を回避しようと談合坂で夕食を食べつつ1時間つぶすも、渋滞は回避できず、結局21時には自宅着でした。。
(↓この形式が湯舟から見えます。次は夜景が見たい)
a0012319_19230109.jpg


# 中央道使いたくないですね。次は、中央道以外にしましょう。



a0012319_21041203.jpg
プチ夏休みを取り、ふるさと納税でゲットしたテントで初キャンプです。

平日なので、人気はまばらです。
1000円支払って、テント設営。
今回は、お試しなので、テントのみでタープ無しです。

駐車場から現場まで少し距離があるので、荷物運搬が大変ですが、
木々にかっ込まれていて、いい感じです。
他に、3-4つぐらいはお客さんがいるかな?
あと、常設のテントが多数設営されてはいます。。

今となっては順番は忘れましたが、確か、テント設営をした後、イオンに買い出しに行ったはず。
今回の晩御飯は、お惣菜と、メスティンで炊いたご飯と、レトルトカレーです。
(次の人の朝ごはんを買い忘れました)

20時ぐらいまではお酒を飲みながらまったりしましたが、その先、かなりの豪雨でテント内で過ごしました。
最初が豪雨ってツイてないですが、防水性能はばっちりでしたね。

翌朝は、いい天気で、しっかりテントを乾かしてから撤収しました。

それにしても猫が多い。


土曜日のテレビ番組「出川哲郎の充電させてもらえませんか」で、鹿島神宮~佐原~成田山の流れが紹介され、佐原の小江戸感や、岡山・倉敷に似た感じに興味が惹かれ、ちょっと出向いてみました。

一般道を車で2時間ほどで行ける距離ですね。(高速使えば、、、、)

で、最初は、(道の駅?)「水の郷佐原」へ。
12時過ぎに着いたんだけど、フードコートで食べようか悩みつつ、結局食べず。
そこから、佐原の観光エリアに行こうかとも考えていたんだけど、遠くて、暑くて断念。

2つ先の小見川に行ったら、そこもお祭りムードで、混雑。食事は断念。
佐原に戻って、駐車場を探すも、見つけられず、水路付近を車で流す羽目に・・。

したなく、水郷佐原あやめパークに行ってみることにしてみた。
蓮の何か・・をやっているようで、入園料600円をhらって入るも、蓮はちょっとだけで、遠くて見えないという・・。これはダメでしょう感満載でしたね。(笑

そこから、再度、道の駅を目指し、「発酵の里 こうざき」で食事にありつきました。


倉敷的な雰囲気を持つ佐原はそのうちリベンジしてみたいですね。電車でも、車でも。


a0012319_11144809.jpg
10年に一度の大開帳に行ってきました。
今回は、例年11月に開催されている酒フェスも大開帳記念で開催されるということで、5/26ピンポイントで設定。

10時前に成田駅到着。
職場の人と落ち合い、缶ビールで喉を潤す。10時半の開始時間が近づいてきたので会場まで参道を進みます。到着すると、すでに開フェスイベントが行われてました。今回は大開帳記念もあって樽の振る舞い酒もあっていい感じです。
a0012319_11153542.jpg
甲子、不動、玉乃光を頂きました。
つまみはバターピーナッツ。

秋よりは数が少ないのが若干残念でしたが、楽しめました。その後は、成田山新勝寺お参りして、参道で買い物(ニンニク味噌、大和芋、ピーナッツ、せんべい)し、昼食を食べにラーメン屋(麺や 福一)へ。
13時過ぎ(13:04)でしたが、中に入ると待っている人はなし。食券を買って待ち席へ。13:19着座。13:25着丼。美味しかったです。
a0012319_11160842.jpg

その後は、新しくなった千葉駅散策。いろんなお店があっていいですね。パン屋のピーターパンで、売上上位2つ(メロンパン、塩パン)を買って帰路へ。


###
a0012319_23283830.jpg
ふるさと納税で入手するバウチャーで手に入れるテントの実物を確認するべく、京橋のモンベルショップに行ってみた。
併せて、新製品「クロノスキャビン」も確認できれば。。。

さすが新製品だけあって「クロノスキャビン」は店頭に展示してありました。
前室の大きさが目を引きますね。それゆえにかなり大きい印象です。

「クロノスドーム」は残念ながら展示されていませんでした。
が、「ステラリッジテント」の1型、2型が展示してあったので、広さの参考に確認。
サイズ感としては、
 ステラリッジ1型(70cm x210cm x77cm)
 クロノスドーム1型(100cm x220cm x105cm)
 ステラリッジテント2型(130cm x210cm x102cm)
 クロノスドーム2型(130cm x230cm x105cm)

ステラリッジ1型はとてもコンパクト。そのため、寝る空間だけといった感じ。
ちなみにライトコットのサイズは、60cm x185cm x12cm なので、きちきちですね。(まあ、普通は入れないんだと思いますが・・)
クロノスドーム1型なら少しは、空間が取れるかな・・・。

なので、インナー内に荷物を置く空間を確保するのであれば、2型のほうがよさそうです。
前室がどの程度あるかにもよりますが・・。


ちなみに、今持っているテントは、1993年頃買ったコールマンの巨大な3ポールドームテント。大人4~6人が寝ることができるサイズなのかな。実は、1回使っただけで勿体ない品。(汗

流石に、ソロで使うには大きすぎるし、状態もよくわからないので、軽量で2人程度が寝ることができるものを買うべく調べ中なわけです。今回は、価格・重量などから、モンベルの「クロノスドーム」が有力に。。

と、ここに来て、「クロノスキャビン」なる新製品が投入されてきた。ドームと比べると、前室が広いのが特徴っぽい。まあ、その分、重量も増えてる。

さて、ドームとキャビンどっちを買うべきか。

その前に、テントで何をしたいのかに戻るわけですが、

基本は、
 ・キャンプ場でキャンプ。
 ・車で行くんだろうけど、できるだけ軽装にしたい。
 ・基本は、天気がいい時を狙ってやる。

そのために、優先するべき点はどこだろうか、ドームとキャビンの違いは前室と重量、前室ってどれくらい重要だろうか?
→実は、前室そこまで大きいものは要らないかも。荷物は、車に積んどいて、テント内は最低限にすればいい。前室欲しけりゃタープもある。まあ、複数立てるのは面倒ではあるけど、1つですべてを賄う必要はないかなと。
(テントとタープでそれぞれ料金が必要なサイトの場合、キャビンは1つ分で済むのでメリットあるかな)

タープ持っていなくて、最初のテントって場合は、バランスの取れたキャビンは選択肢に入るんだろうけどね。

★個人的には、キャビンの色が地味でちょっとというのはあるかな。あれがアースカラーだったらちょっと惹かれる。


More
マダム・タッソーといえば、非常にリアルで成功な蝋人形の展示をしている所。
マダム・タッソー東京は、2013年3月15日にオープンしてから今に至るようです。

で、入場料金ですが、おとな2,300円のようです。
(JAFの優待で300円引きの2,000円で入りましたが、ネットで日付指定で買えば、1,800円でいけそうなので、事前の確認をしっかりと・・)

さっそく場内に入ると、最初の出迎えてくれるのはジャッキー・チェンです。
その先は、いろいろと登場してくるので、すべては覚えきれませんが、覚えている限りを列挙してみます。

ブルース・ウィリス、ジャッキーチェン、レオナルド・ディカプリオ、石原慎太郎、安倍晋三、ダイアナ妃、オバマ前大統領、小泉純一郎元総理大臣、五郎丸歩、羽生弦、ウサイン・ボルト、浅田真央、千代の富士、シャラポア?、デビット・ベッカム、リオネル・メッシ、三浦知良、マドンナ、大島優子、渡辺麻友、X-JAPAN、マイケル・ジャクソン、忌野清志郎、坂本龍馬、坂本龍一、草間彌生、スティーブ・ジョブズ、アインシュタイン、ブルース・リー、オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンロー、浅野忠信、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジョニー・デップ、レディ・ガガ、ブラッド・ピット、黒柳徹子、北野武、和田アキ子、アンジェリーナジョリー、マツコ・デラックス、ベッキー、壇蜜、ローラ、前田敦子。(ほかにもたくさんの蝋人形があります)

一日でこれだけの芸能人・有名人の写真やツーショットを撮れるなんて、100%ありえないわけですから、楽しかったですね。
(最初はたかが蝋人形と思っていましたが、中に入るとその精巧さに驚かされますね)


マツコ・デラックスさんのおなかにも触れてみました。それなりにふっくらしてました~。(>_<;)
それにしても、露出していない部分はどこまで精巧に再現しているのでしょうね・・。

で、ふと思ったのですが、

女性の蝋人形については、あまり、べたべた触るのは人の目を含め危険そうですね~(笑(まあ、蝋人形にどこまで気を使うかって話ですがね)


昨年のGW、ふもとっぱらで会社の同僚がキャンプをすると言うので、賑やかしで行った帰りに大渋滞に巻き込まれた原因と思われるイベント。今年も渋滞は起きているようですが、デジイチ持って、平日に出かけてみた。

最初に結論。
会場手前で25分ほど渋滞にあったが、思ったほどではなかった。それよりも帰りの方が混んでた。(これ、昨年と同じじゃん)
a0012319_10381240.jpg
では、詳細。。
7:00 自宅出発。(本当は6時にでようかと思ってたんだけど、遅れた・・)
 ガソリンスタンドで給油してから、高速へ。箱崎ルートは混んでそうなので、レインボーブリッジから芝公園方面を選択。渋滞もなく、中央道に入りました。

9:15頃 談合坂SAで休憩。
 何か食べようかと思ったんだけど、めぼしいものがなく、トイレ休憩のみで先を急ぐ。

10:11 会場まで続く渋滞の最後尾に着く。
10:15 渋滞の中。ナビの表示で入り口まで800m。
10:26 会場入り口が見えてきた。
10:32 会場入り口通貨。並び始めて20分ほどなので、早いですね。
10:37 駐車場に停車。(入り口から先が長いと思ったんですが、すぐだった・・)

ここからは、徒歩で会場入り口に向かいます。
入り口で入場券を買います(600円)
駐車場から出るときは、駐車料金の支払いとその明細が必要とあるのですが、入り口には見当たりません。
あとでいいやと思い、入り口を入ると、中にありました!まあ、ここまで来て入場しないで帰る人はいないと思いますが、もし、駐車だけで入場せずに帰ろうとしたら、駐車料金の支払いができない?!

まあ、それはそれとして、場内に進みます。芝桜のピンクいろが目に入ってきます。(手前にはアネモネも)
進んで行くと、徐々に密度の上がったエリアと、ミニ富士山も。写真を撮りながら、場内を進みます。

でも、

思ったより、

一面芝桜~~~~!

って感じじゃないな。

まあ、写真では、一部を切り取ったり、角度を変えることで、さも、一面芝桜~を演出できるけど、人間の目に見える広い範囲では、咲いていないところ(もしくは咲き終わったところ)や、そもそも芝桜がないところが結構ある。
ネットの事前情報では、GW開けが満開時期というもあったけど、地面が見えているところまで芝桜で埋め尽くされるとは思えなかったな。一部のエリアだけ、これでもか!ってぐらい芝桜が密集している場所はあったんだけど、そかは富士山をバックに写真が撮れない場所でとっても残念。

昼食は、露店?で吉田うどんを食してみた。が、麺が硬くて(コシではなくて硬い)思ったほどおいしくはなかったかな。これは露店だからなのかな。そのうち本物を食べてみたいかな。

12:44 会場を二回りして、写真も十分撮った(確認はいまいちできず)ので、会場を後に。

そこからは、渋滞に巻き込まれつつ、渋滞のない本栖湖を一周しつつ、千円札の景色を眺めたり。(1週終わったころには13:45)
そこから、また渋滞に巻き込まれつつ、結局、自宅に着いたのは17時でした。


<今回のミス>
・出入り自由かと思ったら、入場時に入場券を回収されてしまうので、再入場ができません。なので、車に荷物を取りに戻ることができない。(まあ、係りの人に伝えれば柔軟な対応はしてもらえた可能性はありますが)
・そのため、せっかく持って行ったOSMOが使えませんでした。。orz
・ペンタはピンク色が苦手なのだろうか?それともPLフィルタがダメだったのだろうか・・。ビビッドすぎる色は苦手かも。



その他の写真はこちらから、、、