<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最初のスマホ「Nexus5」

価格の割にいい動きをしてくれていたんだけど、2017年の9月に無限ループの事象が発生。ネットで調べた電源ボタン連打などで一時的に回復することもあったけど、それもできなくなり機種変更後は放置してた。

最近になってPixel3の話題も出てきたので今一度再起動をトライしてみることに

今回は、バラす覚悟を決めて、バッテリー交換も実施。しかしダメ。

さらなる情報から電源ボタンのスイッチを取り外してみることに。

結果、無限ループは脱出できた。
やはり電源スイッチがへたって、押された状態が解除されなくなっていたと思われる。

暫定でコードを直結、ショートさせてみるものの起動できなくなってしまった。おそらく電源系の基盤パターンに暫定コードがうまく接続できていないと思われるのだが、色々試してもうまくいかないので、仕切り直して、情報集めでもしましょうかね。

まあ、この先使うことはないとは思いますが、暇つぶし程度に。

<参考サイト>


a0012319_11324547.jpg
a0012319_16095364.jpg
a0012319_16095369.jpg
a0012319_16095203.jpg
a0012319_11320073.jpg
↑この配線は間違ってますね。左側は無理やりつながってなくもないですが、右側はダメですね。

a0012319_11320013.jpg
↑なので、これをショートさせても電源はONになりません。

※配線をただしくしたパターンもためしたのですが、結果は起動できていません。残念。

↓おそらくスイッチはこんな感じなんでしょう↓
a0012319_16095390.jpg

[PR]
iPad Air 2をiOS12へ
a0012319_15510363.jpg

2014/10に購入したiPad Air 2ですが、4年経過しようとする今もバージョンアップの対象になっており嬉しい限りです。
で、早速アップデートしたわけですが、ARを使うアプリは駄目のようです。(これまでも似たようなのあったのかな)
それでも、過去最軽量で、未だに問題なく使えるのは凄いですね。

ホームボタンを廃止した新型の噂もあるようですが、使い方を考えると、iPad Air 2で十分かもしれないですね。

[PR]
a0012319_19130823.jpg

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ を予約で購入し、不在票からの再配達で、本日(9/1)に手元に届きました。
各種ある中で、東京ドーム+沖縄ライブ+札幌ドーム公演のものをチョイス(南から北までという感じで)
+キーホルダと共に。

今晩あたり観てみますかね。

# 大ファンとかそういうのはないですが、時代のスターのラストコンサートツアーの映像が1つぐらいあっていいかなと。



で、観ましたよ
[PR]
自宅のPCなんかでは、DNSサーバは、自宅のルータのみを向いていることが、一般的かもしれないけど、設定画面を見ると「優先」と「代替」を設定できることがわかかる。(代替は複数設定可能)
※この例では、優先にGoogle Public DNS(8.8.8.8)、代替に自宅のルータを設定している。
a0012319_11142584.png
で、実施の名前解決については、まず優先で解決を試みて、応答が得られない場合に代替が使われると考えていた。

が、実際に、Wiresharkでキャプチャしながら、Windows10のブラウザ(IE)でアクセスしてみると、こんな結果が出た。
a0012319_11151663.png
最初から、優先、代替両方にクエリを出しているように見える。
 (※追記※これ参考サイトでいうところの「3.再クエリー」に当たるのかな?優先DNSから応答が遅延すると起こりうる)
結果、それぞれから応答が戻ってきているのもわかる。
さらに、代替からのほうが応答が速いのもわかる。
(応答は、どちらも www.discas.net: type A, class IN, addr 61.213.172.34 でした)

では、実際のwebへのアクセスってどっちを使っているんだろうか。。。

表示のフィルタを外して、他の通信も見てみます。
a0012319_11184258.png
黒くなっている部分は、DNSの名前解決の部分です。
これからわかるように、192.168.11.1から応答があった後、61.213.172.34にアクセスしていることがわかります。
(8.8.8.8からの応答はそのあと来ている)

ということで、少なくともWindows10のブラウザ(IE)では、優先に問い合わせてNGの場合に代替・・という動きではなく、同時に問い合わせて、早く来た応答を利用してアクセスしていうことがわかると思います。

一般的には、応答は同じはずなので、大きな問題にはなりませんが、内部DNSなどで、優先と代替でzoneファイルの内容が異なるような(DNSの優先・代替の切り替えで接続先を切り替えるようなことを考えている)場合、優先・代替の応答の速さで接続先が変わってしまうので注意が必要そうです。

この辺の仕様ってどうなんですかね。まあ、遅延を短くするためであれば同時のメリットはあるわけですが。

# 3つ目を追加してみましたが、3つ目には同時に問い合わせにはいかなかったので、同時2つまでなのかもしれません。Windows10のIEでは。


補足(追加情報)
[PR]